ナノミリ進化論®️

30代後半の3児の父です。気づけば競馬暦も20年となり競馬の歴史だけは詳しくなりました。心理学や脳科学についても勉強しておりそれについても発信しております。誰かに何かの約に立つブログになるよう日々精進していますのでよろしくお願いします。

【東京優駿 日本ダービー 注目馬】3強崩し狙える馬はこれだ!!

週末は、かなり暑くなるようで日本ダービーが行われる時間帯はなかなかの気温になっているのではないでしょうか…。長野も32℃予報と今年初の…いや…令和初の30℃超えという事になりそうです。

 

本日も閲覧いただきありがとうございます。最後までお付き合いいただければと思います。

 

ダービーの予想オッズが凄い事になっとおりますね。

 

1番人気 サートゥルナーリア 1.8倍

2番人気 ヴェロックス    3.6倍

3番人気 ダノンキングリー  4.0倍

 

ダービーの1倍台の馬は…。調べてみると

ドゥラメンテ 1.9倍 1着

フサイチホウオー 1.6倍 7着

ディープインパクト 1.1倍 1着

1999年~2018年で3頭しかいないが、3頭のうち2頭は勝利しているという結果。

フサイチホウオーに関しては、1倍台という事は忘れていましたが、この人気になった理由は覚えています。皐月賞での鬼脚。これにつきます。今でも覚えていますが、ほかの馬が止まってみえるという表現がおおげさではなく一頭だけ外からとんでもない脚で追い込んできたというレース。当時、仕掛けどころを間違えなければ勝っていたという事から血統的にも脚質的にもダービーでは、確実に差し切れるという話が皐月賞後からすでに話で出ていたくらいでした。まぁ、勝ったのはあのウオッカでありフサイチホウオーの脚は皐月賞ほど切れず負けたんですが…。このダービーでは、本命として買っていました。(汗)

ただ、やはりダービーの舞台で1倍台のオッズをつけるという馬は本当に強いという評価を貰っている馬だけにサートゥルナーリアもこのオッズの時点で強い証明という事。

 

 ★「俺が主役だ」日本ダービー有力馬★

www.sakuramori18.com

 

もう、有力馬に関しては、誰がどうみてもなので…。

今回の記事は、「妥当?無謀?それでも俺の注目馬」のコーナーで!!

 

■ 東京優駿 日本ダービー 注目馬 ■

 

■ 「妥当?無謀?それでも俺の注目馬」… ■

f:id:sakuramamoru2019:20190329155412p:plain

 

レッドジェニアル 父:キングカメハメハ 母父:マンハッタンカフェ

 

京都新聞杯で低評価を覆し勝利した。皐月賞組からナイママ、タガノディアマンテ、ブレイキングドーンが出走していたが6着、10着、11着と成績が悪かった馬達とは言え相手せずに勝利した。中距離~クラシックディスタンスのみ使われており今回のダービー2400に関しては、特に不安はない。母であるレッドアゲートもオークスでは6着と敗れたが2番人気の評価を得ていた。あのオークスは、暴走が目立つレースでトールポピーなんてもろ斜行で降着にならなかったのが不思議なくらい…。あのレース、トールポピーだけが目立っていたがエフティマイアも結構ムチャな乗り方をしていた。その不利を受けていたのがレッドアゲートでもあったのでオークスの6着は不利込みと考えるとまともだったらどうかという部分もある。子供のレッドジェニアルも京都新聞杯まで不利があったり塞がったりとなかなか力を出せない事が続いていたみたいだけど京都新聞杯では、それまでの事が嘘のように前が綺麗にあいて突き抜けた。ただし、あの結果も前が開いただけではできない芸当であり能力は間違いなく別路線組にしたら高い。もし、この不利地獄から抜け出せてダービーもスムーズに走る事ができればサートゥルナーリアを除く他の馬には一太刀浴びせることも可能だと思う。

 

クラージュゲリエ 父:キングカメハメハ 母父:タニノギムレット

 

共同通信杯3着馬で挑んだ皐月賞。14番人気と完璧に格下扱いながらも5着の好走。

昨年の京都2歳からずっと馬体重は増えっぱなしだがパフォーマンスも上昇している。正直皐月賞でもまったく気にもしていなかったクラージュゲラエ。鞍上ノリが怖い部分もあったが、鞍上はいろいろな部分で怖いので買うのも切るのも怖いのが正直なところ。皐月賞では、アドマイヤマーズの直後で進み向こう正面で仕掛けながら進むようなアクション。手ごたえ的に厳しいかと思ったが、サートゥルナーリアと同じくらいのタイミング動きだし直線ではジリジリだが伸びてアドマイヤマーズ(NHKマイル勝ち馬)と1馬身差の5着となかなか味のある競馬をした。地味な存在だけに今回も人気は地味になってくれるだろうが、レースになればその地味さも生きる。皐月での上位3頭のインパクトが凄かったので他の評価はイマイチであり今回もその3頭で決まるような流れだが皐月の着順のままダービーも同じ結果というのはあまりない。そのままのケースで決まるだろうと思われている状態であれば1角下手すれば2角落として別の馬が浮上も考えられる。

血統も母ジュモーは、フェアリードールの系統であり近親には、トゥザビクトリーはじめサイレントディール(ダービー4着)という馬もいるので十分一発を秘めている血統である。

 

簡単そうで難しいダービーと感じている。

まぁ、毎回馬券を買うときはそんな感じですが、ここまで圧倒的だと逆に悩むよねぇ。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

 


中央競馬ランキング

 

 

 ★今週の記事一覧★

 

www.sakuramori18.com

www.sakuramori18.com

www.sakuramori18.com

 

<FIN>