ナノミリ進化論®️

30代後半の3児の父です。気づけば競馬暦も20年となり競馬の歴史だけは詳しくなりました。心理学や脳科学についても勉強しておりそれについても発信しております。誰かに何かの約に立つブログになるよう日々精進していますのでよろしくお願いします。

2019年俺がはまったもの(タピオカとかじゃないよ)

自分にあった生き方は、自分で見つけるしかありません。 さくらもり(@sakura3_dishman)です。 

 

2019年も後数週間で終わりという事もあり、今年からはまったものの話をしようかなと思います。

 

2019年はまったもの

 

それは...

 

「ロードバイク(ロードレース)」

 

f:id:sakuramamoru2019:20190720094459p:plain

 

乗る方ではなく見る方ですけど。

 

いずれは、乗りたいと思いますけど最高の自転車だけに価格がね…。後、住んでいる地域の路面状況も良くないのでクロスバイクの方が向いているかもと思い今はクロスバイクの購入を考えています。

 

 

 

なぜ、今更ながら急にロードバイクにはまったのか?

 

ずばり、漫画です。「弱虫ペダル」を読んではまりました。

 

弱虫ペダル 64 (少年チャンピオン・コミックス)

弱虫ペダル 64 (少年チャンピオン・コミックス)

 

 

漫画からはまるなんて子供みたいですよね。笑

でも、きっかけなんてそんなもんでいんじゃないかとも思います。立派な理由で何かをやるのも素晴らしいけど軽い理由で何かをやるのも同じだけ素晴らしいと俺は思います。

 

正直、ロードバイクは車運転していると邪魔だしロードレースなんて自転車で走ってるだけの競技という印象しかなく興味も何もありませんでした。

 

そんな俺がなぜ弱虫ペダルを読んだのか?

 

読むまで「競輪選手でも目指す話」なのかと思っていたからです。

 

単なる勘違いです。

 

読み始めてすぐに競輪の話ではないとはわかったんですが…

 

ふと興味が沸いたんです。

なぜ人は、ただ自転車を乗って走るツール・ド・フランスなんかを毎年楽しみにしているのか?そして、そんな競技が世界的な競技なのか?と。

 

漫画でも読んでみればその理由に近づけるんじゃないかと思い読んだ上に今年の「ツール・ド・フランス」と「ブエルタ・ア・エスパーニャ」の2大レースを見て思ったのは、とにかくワクワクして楽しいし興奮もするが1年やそこら観戦したくらいでその魅力を伝えるのは難しいという事はわかりました

 

ただ、一人一人にそれぞれ役割が存在し、その役割をきっちりこなした上で皆が目的としているところに向かう。色々スポーツをみてきたが、「one for all all for one」の言葉が一番似合うのではないかと思うスポーツです。

 

興味があれば是非見てみる事をオススメします。

 

ツール・ド・フランス2019 スペシャル BOX(Blu-ray2枚組)

ツール・ド・フランス2019 スペシャル BOX(Blu-ray2枚組)