ナノミリ進化論®️

30代後半の3児の父です。気づけば競馬暦も20年となり競馬の歴史だけは詳しくなりました。心理学や脳科学についても勉強しておりそれについても発信しております。誰かに何かの約に立つブログになるよう日々精進していますのでよろしくお願いします。

天皇即位の週に行われる天皇賞。こんな時は1枠に有力馬入るんだよね。【天皇賞(秋)】【スワンS】【アルテミスS】[有力馬診断]

 一方だけで判断すると良い部分も悪い部分も見逃してしまうのでどんな事もニュートラルに見れるようにしているさくらもり(@sakura3_dishman)です。

 

 

本日もブログに訪問いただきありがとうございます。 

 

 

まずは、先週の有力馬診断についての結果から

 

先週の有力馬診断

www.sakuramori18.com

 

★有力馬診断の結果一覧更新★

 

菊花賞 ヴェロックス 3着(1番人気)

富士S ノームコア 1着(2番人気)

 

[4-2-8-4]  3着内率 77.7%

上位人気馬だけに80%をキープしたいところでしたが、ついに切ってしまいました。しかしながら、なかなか数字としては良い並び

 

ヴェロックスの戦前見解としては、スタミナ面ではなんとかなる可能性が高いと踏んだが、結果としては川田Jがレース談話で「3000という距離が長かったと思わざるを得ない」との事でジャスタウェイ産駒は、スタミナ血統であるグレイソヴリンの系統でも3000は長いという事は知識になりました。

ひとつ気になったのは「思わざるを得ない」という文言。スタミナ以外は完璧なレース内容だったとしたら「距離が長すぎた」で良いとも思うが…。

ちょっとソコが気になったかな。

 

第160回 天皇賞(秋) 東京芝2000m

第62回 スワンS 京都芝1400m

第8回 アルテミスS 東京芝1600m

 

 

今週からは、本格的に古馬達の出番ですね。

 

秋古馬三冠の初戦に位置する天皇賞秋。令和初の天皇賞に相応しいメンバーが揃った印象でこのメンバーで勝った馬が秋を席巻しそうな感じ。

 

先週の富士Sに続いてマイルCのステップレースとなるスワンS。そして、二歳チャンピオンに向けてのアルテミスSと内容が濃い1週間となりそうです。

 

 

天皇賞(秋) スワンS アルテミスS 有力馬診断

 

f:id:sakuramamoru2019:20190527145800p:plain

 

天皇賞(秋) 有力馬診断

 

アーモンドアイ

父:ロードカナロア 母:フサイチパンドラ 母父:サンデーサイレンス

 

面白くもなんともない馬になるが、現段階で日本のトップホースであり距離、コース、実績ともにここで馬券外に飛ぶとは到底思えない。

 

脅かす存在になりうるのは、能力の底を見せていないサートゥルナーリアだけ。

 

アーモンドアイとサートゥルナーリアの背中を知るルメールだけにアーモンドアイを選択した理由が単純にアーモンドアイがサートゥルナーリアよりも「強い」からなのか。安田終了後に秋は天皇賞からという事で「先約」があったからなのか。どちらの理由かはわかないが、多分、サートゥルナーリアは、二冠でもとっていない限り菊花賞には駒を進めずに天皇賞だったろうから強さでアーモンドアイを選択したのだろう。

 

もしかしたら、サートゥル陣営がルメールよりスミヨンという意思から乗せ替えた可能性もあるではないか?という意見もあるかもしれないが、日本ダービーで強制的にルメール→レーンで負けた苦い思い出がある以上、進んで鞍上を替える事は望まないだろう。

 

スワンS 有力馬診断

 

トゥザクラウン

父:キングカメハメハ 母:トゥザヴィクトリー 母父:サンデーサイレンス

 

京王杯SCで夏から秋のスプリント界を圧巻したタワーオブロンドンと0.1秒差の4着と確かな力を見せ付けた。

 

安土城Sでは、先行馬が崩れるペースだった事に加えて間隔を詰めて使った事で見えない疲れで凡走した可能性が高い。基本的に馬体が増えると凡走して減ると好走という馬だけに馬体増時は、調整も控え気味なんだろう。

 

今回は、休み明けで通常であれば逃げ先行馬はプラス体重が理想だが、この馬に関してはマイナスでこそという事が考えられるのでマイナスなら積極的に狙っていってプラスなら信頼しない方が良い

 

 

アルテミスS 有力馬診断

 

ビッグクインバイオ

父:キングズベスト 母:アニメイトバイオ 母父:ゼンノロブロイ

 

母アニメイトバイオも早い時期から活躍しており、ビッグクインバイオも母と似て(脚質は似ていないが)早い時期から好走している。実績だけみればかなり上位の存在として評価されてもいいが、毎レース地味なレース内容から評価が上がっていない印象。

 

新潟2歳の2番手から上がり33.9を駆使した内容なんて優秀な部類なんだけどなぁ。と思う。サフラン賞では4着と敗れたが、前が厳しかったのと右回りよりも左回りの方が得意な可能性が高いので気にする内容ではない。

今回は、実績のある左回りという事でサフラン賞のようなレースにはならないだろう。

 

ハナを主張する馬もいないので展開も向く。決め手勝負に持ち込まず消耗戦のペースで行ってくれればと思う。

 

  

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

「少し休んだら進もう

この言葉で本日も閉めさせていただきます。さくらもり(@sakura3_dishman)でした。