ナノミリ進化論®️

30代後半の3児の父です。気づけば競馬暦も20年となり競馬の歴史だけは詳しくなりました。心理学や脳科学についても勉強しておりそれについても発信しております。誰かに何かの約に立つブログになるよう日々精進していますのでよろしくお願いします。

~ラスト一冠~ 下克上が起こるのか?春の番付通りに勝つのか?【菊花賞】[競馬予想]

良い事の中にも悪い事があり悪い事の中にも良い事がある。だからこそどんな時にもニュートラルに物事を見る事を大切にしているさくらもり(@sakura3_dishman)です。

「努力は必ず形になる。原因を他者に求めても前に進めない。」 

 

本日もブログに訪問いただきありがとうございます。 

 

牡馬クラシック最終戦となる菊花賞。雨も降っており、このまま明日を迎えたらキセキが勝った菊花賞みたいな状況となるが、雨のピークも土曜日までなので、どのくらい本番を迎えた時に馬場が回復するかという部分がかなり問題だ。

 

コーフィールドCに関しては、ちょっと読めなかったので豆馬券で…

 

f:id:sakuramamoru2019:20191019152439j:image

 

なんとか的中しました。

もっときちんと張ればよかったなあ。緩く考えたから当たったのかな。

 

 

菊花賞 予想 

 

皐月賞馬も日本ダービー馬も不在で混戦と騒がれる菊花賞。

荒れるのか?堅いのか?馬柱を眺めていても難しいレースだなぁと感じます。

加えて馬場もどのくらい回復するのか?という部分も気になるところ。

  

 

そんな中で本命に指名したのは…

  

 

f:id:sakuramamoru2019:20191002092352p:plain

 

 

 

◎⑬ヴェロックス

父:ジャスタウェイ 母:セルキス 母父:モンズーン

 

世代トップは疑いようもなく距離に関しても問題ないと思っている。

 

有力馬診断の記事でも触れたが、ステイヤー気質のレースになっても直線の決め手勝負になってもこなせる馬だと信じている

 

夏からとんでもない上がり馬がいるならと思ったが、ヴェロックスにとって脅威になりそうな馬は見つからなかったので最後の一冠は、この馬が獲る可能性が高いと見ている。

 

有力馬記事

www.sakuramori18.com

 

○⑮ホウオウサーベル

父:ハーツクライ 母:バランセラ 母父:アカテナンゴ

 

夏の上がり馬ならホウオウサーベルだろう。毎年、ちょっと足りないが馬券圏内に入る事が多い阿賀野川の勝ち馬。ステイヤー気質の馬だけにその流れになれば上位に食い込むだけの能力はある。

 

間隔をあけながらここを目標としてきており、ローテ的な余裕もあるので走れないとすれば能力の問題となりそうだ。

 

▲⑤ワールドプレミア

父:ディープインパクト 母:マンデラ 母父:アカテナンゴ

 

 

6ヶ月ぶりのレースで32.3の上がりを駆使して3着と能力の片鱗を見せ付けた神戸新聞杯。

 

ちょっと走り過ぎ感も否めないので反動が気になるところ。しかし、決め手の流れとなればここでは一枚上というのは前走で見せ付けた。

 

長距離は、騎手と言われるが、鞍上はユタカ・タケなのでペース判断は大丈夫でしょう。決め手の流れで離されすぎない位置で運べれば可能性あり。

 

 

 

以下、△は、⑪シフルマン、①ザダル、⑥ディバインフォース、⑭サトノルークス、⑦ヒシゲッコウ、⑯ナイママ、②ニシノデイジー。 

 

 

【買い目】

<三連複フォーメーション>

⑬ー⑮⑤ー⑮⑤①②⑥⑪⑯⑭⑦ 15点

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

「不合理こそ博打…それが博打の本質…不合理に委ねてこそギャンブル」

この言葉で本日は閉めさせていただきます。さくらもり(@sakura3_dishman)でした。