ナノミリ進化論®️

30代後半の3児の父です。気づけば競馬暦も20年となり競馬の歴史だけは詳しくなりました。心理学や脳科学についても勉強しておりそれについても発信しております。誰かに何かの約に立つブログになるよう日々精進していますのでよろしくお願いします。

~とある仮説が活きる時~ もう騎手に従うしかない。【富士S】[競馬予想]

良い事の中にも悪い事があり悪い事の中にも良い事がある。だからこそどんな時にもニュートラルに物事を見る事を大切にしているさくらもり(@sakura3_dishman)です。

「努力は必ず形になる。原因を他者に求めても前に進めない。」 

 

本日もブログに訪問いただきありがとうございます。 

 

f:id:sakuramamoru2019:20190724103012p:plain


 

 

また、雨が降ってきました。なんとか本日に現場の方が頑張り70m決壊した堤防も仮ですが堤防が元に戻りました。しかしながら、決壊が発生してから時間がたつにつれて復旧までにどれほど時間がかかるかわからないという現実が迫ってきています。

 

長野市は、11月には初雪が降ったりする事もあるのでこの状況で降り出す時期を迎えてしまうとかなり過酷な状況となります。3年くらい前の11月22日に白馬で大きな地震があり家などが全壊や半壊などをしそのまま仮設住宅で冬を迎えるような事もありましたが、長野の冬は本州ではかなり過酷なレベルです。 

 

なんとか冬本番になる前に停電や断水の回復。家の復旧に関しては、どうみても穂科地区は間に合わないので仮説住宅ができるように県が動いてくれることを願っています。

 

知り合いも何人も被害にあっているのでなんとかしてほしいところです。

 

さてさて、無謀と思われる全レース予想(障害除く)をアップして脳疲労状態ですが、マイルチャンピオンの前哨戦となる富士Sに関しては、推奨馬一頭という訳にはいなかいのでしっかり予想していこうと思います。

 

10月19日全レース予想記事

www.sakuramori18.com

 

 

富士S 予想 

 

 

朝日杯FS、NHKマイルの勝ち馬で未だにマイルの距離で無敗継続中のアドマイヤマーズが復帰。ヴィクトリアマイルをレコードで勝利したが、その後剥離骨折となり休養していたノームコアもここで満を持して復帰。NHKマイルで3着で前走は思わぬ負けを味わったカテドラル。スプリングS勝ち馬のエメラルファイト、エプソムC勝ち馬のレイエイダ。その他にも重賞で好走しているロジクライやクリノガウディーなどメンバーは揃ったレースとなりました。

 

かなり、難しいレースになっていると思います。

 

そんな中で本命に指名したのは…

  

 

f:id:sakuramamoru2019:20191002092352p:plain

 

 

 

◎⑩カテドラル

父:ハーツクライ 母:アビラ 母父:ロックオブジブラルタル

 

カテドラルに関しては、中京記念で”とある仮説”を立ててレースを見たが、結果としては仮説が有効な可能性があるので、今回の条件であれば買いという事になる。

よって、本命とした。

 

 

カテドラル仮説記事

www.sakuramori18.com

 

○⑯ノームコア

父:ハービンジャー 母:クロノロジスト 母父:クロフネ

 

 

有力馬記事

www.sakuramori18.com

  

有力馬診断の記事でも触れたが2歳のアスター賞以来のマイルは使っておらず、久しぶりに使うのが牝馬最強マイラー決定戦ヴィクトリアマイル。距離短縮は、プラスだとしてもレコードが出るような時計勝負は疑問が残る実績。ハービンジャー産駒だけに時計勝負はお世辞にも良いとは言えない状況での勝利。それもレコードのおまけつき。

 

今回、剥離骨折明けでどうなの?という声もあるが、ヴィクトリアの勝利というのは、いくつものの課題を一気にそこでクリアしての結果だけにマイルという距離に関しては、能力の天井はまだ見えていない。

 

調教師も馬の調子を見ながらと言いながら使う以上は、走れるだけの状態で当然使ってくる。

 

春のマイラー女王は、恥ずかしい競馬はしない。

 

▲⑦アドマイヤマーズ

父:ダイワメジャー 母:ヴィアメディチ 母父:メディシアン

 

実績を素直に評価すればここまで評価を下げるのもどうなのか?という部分もある。

 

マイルに関しては、無敗でここまで来ている上に共同通信杯で僅差の勝負をしたダノンキングリーは、毎日王冠で明らかにチグハグな競馬で古馬を一蹴。サートゥルナーリアもまだ古馬とやっていないが、能力を見るとアーモンドアイと勝負付けが済めば年内にも最強の称号を得る可能性もある。そんなメンバー達と僅差のレースをしてきたアドマイヤマーズだけに一気にマイル界を制圧する可能性もある。

 

その可能性も今回のレース内容にすべてかかっている。サートゥルもキングリーもきっちり結果を残したので評価しているが、マーズに関しては、復帰初戦である富士Sのメンバーが骨っぽいのでここでどんなレースをするかで今後の評価をしたいと今は思っている。正直、半信半疑というのが俺の見解。

 

だからと言って消しという事はできないので最大限評価を落として単穴とした。

 

以下、△は、②レッドオルガ、⑮ロジクライ、⑰クリノガウディー、⑬ジャンダルム、⑫エメラルファイト、⑨レイエンダ、⑥イレイション

 

【買い目】

<三連複フォーメーション>

⑩ー⑯⑦ー⑯⑦②⑮⑰⑬⑫⑨⑥ 15点

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

「不合理こそ博打…それが博打の本質…不合理に委ねてこそギャンブル」

この言葉で本日は閉めさせていただきます。さくらもり(@sakura3_dishman)でした。