ナノミリ進化論®️

30代後半の3児の父です。気づけば競馬暦も20年となり競馬の歴史だけは詳しくなりました。心理学や脳科学についても勉強しておりそれについても発信しております。誰かに何かの約に立つブログになるよう日々精進していますのでよろしくお願いします。

~淀の坂はゆっくり下れ~ 掟を守るものと攻めるもの。【富士S】【菊花賞】[有力馬診断]

 一方だけで判断すると良い部分も悪い部分も見逃してしまうのでどんな事もニュートラルに見れるようにしているさくらもり(@sakura3_dishman)です。

 

 

本日もブログに訪問いただきありがとうございます。 

 

台風の復旧に関しては、簡単ではありませんが一時的に失われた機能は少しずつ回復してきています。 しかしながら、やはりこの台風がもたらしたダメージは今になってジリジリ出てきています。昨日は、奥さんのお母さんが倒れて搬送されました。診断の結果として疲労がたまってのものと言われましたが、大人も緊張状態が徐々にとれてきてドッと疲れが出てきます。寒暖の差も激しくなってきているのも影響していると思うので体には十分に注意してほしいです。

 

 

 

まずは、先週の有力馬診断についての結果から

 

先週の有力馬診断

www.sakuramori18.com

 

★有力馬診断の結果一覧更新★

 

秋華賞 コントラチェック 15着(5番人気)

府中牝馬S ラッキーライラック 3着(2番人気)

 

[3-2-7-4]  3着内率 75.0%

上位人気馬だけに80%をキープしたいところでしたが、ついに切ってしまいました。

 

コントラチェックに関しては、休み明けで馬場が悪い上にビーチサンバがかなりのペースで引っ張ったので仕方ないかなという感じ。ラッキーライラックは、目標は先だけにこの結果でも良い滑り出しではないだろうかと思う。また、鞍上は、叩かれるのかなぁ。

 

3着内率75%とちょっと微妙な状況になってしまいましたが、馬場などもまったくわからない上に調教前に記事を上げていると考えたら成績としては良い方だと自分に言い聞かせています。笑

 

第22回 富士S 東京芝1600m

第80回 菊花賞 京都芝3000m

 

 

先週の牝馬クラシック最終戦に続き、今週は、牡馬クラシック最終戦である「もっとも力のある馬が勝つ」とされている菊花賞が行われます。こちらも牝馬路線同様に皐月賞馬、ダービー馬不在と混戦気味な状況。牝馬路線の結果から春で後少しというレースをした馬が勝つと考えると、やはりヴェロックスがそれに該当するがどうなることか。

 

秋のマイル王に向けて始動する富士Sも注目すべき重賞。登録馬もかなり豪華な状況となっているだけに面白そうだ。

 

富士S 菊花賞 有力馬診断

 

f:id:sakuramamoru2019:20190527145800p:plain

 

富士S 有力馬診断

 

ノームコア

父:ハービンジャー 母:クロノロジスト 母父:クロフネ

 

剥離骨折明けとなる今回。調教師も馬の様子を見ながら調整していますとあまり歯切れが良い感じではないが、有力馬達それぞれに不安要素もありと見ているので骨折による影響で状態負けというのはないのではないかと見ている。

 

2歳のアスター賞以来のマイル戦。そして、異常なまでの高速馬場。不安要素多数だったが、終わってみればレコード更新の勝利とノリノリの鞍上の効果もあったにしても強い競馬。

 

ハービンジャー産駒だけに距離への融通性が高い分、1800-2200という距離でも僅差の競馬をしていたが、ヴィクトリアで明らかに他の距離よりパフォーマンスがあがった事を考えると生粋のマイラーというように見ても良さそうだ。

2戦とは言えマイルに関しては、無敗。その点を考えても骨折明けでも恥ずかしい競馬はしない。

 

唯一の不安は、馬が骨折した脚をかばうような事がなければと思う。

 

先週、半妹のクロノジェネシスが秋華賞を勝利と血に勢いをつけてくれているので今週は姉であるノームコアが意地を見せてくれると思っている。

 

菊花賞 有力馬診断

 

ヴェロックス

父:ジャスタウェイ 母:セルキス 母父:モンズーン

 

上位人気馬が正直わかりづらい部分もあるが、ヴェロックスの実績は、春から通して一枚抜けている存在にはなる。

 

菊花賞に関しては、3000mがどんなペースで流れるか?という部分が勝敗に大きな影響を及ぼす。

 

3000mの純粋なステイヤー向きの流れになるのか。

それとも、ダラダラ走り直線だけ脚を使うような流れになるのか。

 

後者だと2000mがベストも決め手がある馬が走れてしまうので、ステイヤー気質の馬にはノーチャンスになってしまう。

そうなると軸に選ぶならどちらも走れるタイプというのが最適。

 

ヴェロックスに関しては、父系がトニービンなのでスタミナ面でステイヤー向きの流れになってもなんとかなる下地があるし決め手の流れになっても春の実績から十分太刀打ちできる。そういう部分で現段階の有力馬の中では一番馬券として買うのに安心感が得られる。 

 

今回のキーワードは、「今週も雨に左右されそうな週末競馬」

  

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

「見えない未来を見るよりも目先の今だけに必死になれ

この言葉で本日も閉めさせていただきます。さくらもり(@sakura3_dishman)でした。