ナノミリ進化論®️

30代後半の3児の父です。気づけば競馬暦も20年となり競馬の歴史だけは詳しくなりました。心理学や脳科学についても勉強しておりそれについても発信しております。誰かに何かの約に立つブログになるよう日々精進していますのでよろしくお願いします。

~絆と裏事情~ 脳内で閃く一縷の可能性【サウジアラビアRC】【毎日王冠】【京都大賞典】[注目馬]

良い事の中にも悪い事があり悪い事の中にも良い事がある。だからこそどんな時にもニュートラルに物事を見る事を大切にしているさくらもり(@sakura3_dishman)です。

「努力は必ず形になる。原因を他者に求めても前に進めない。」

 

 

本日もブログに訪問いただきありがとうございます。 

 

さて、本日はここ最近かなりの問題となっている「妥当?無謀?それでも俺の注目馬」の記事更新となります。

先週の注目馬の結果がコチラ…

 

スプリンターズS イベリス / 11着(10番人気)

シリウスS マッスルビーチ / 9着(2番人気)

 

まぁ、イベリスに関しては、人気通りには走っているという見方も出来るが問題はマッスルビーチだ…。

 

これに関しては、脳内で協議が行われました。

 

f:id:sakuramamoru2019:20191002092429p:plain

 

A「注目しただけでこんな負け方しますかね?」

 

B「一般人の注目馬の記事にそこまでの破壊力がありますか?」

 

C「いやいやないない。このブログの記事を見ている人なんて競馬している人の0.01%以下な訳だからそんな破壊力もなければ誰もこの記事のせいなんて思う人はいないいない。どんだけさくらもりは、自身のブログを過大評価してんの。笑」

 

A/B「さすがCさん昔のアレみたいね。「ズバリ言うわよ」のようにはっきりグサリとくる事言うわね」

 

Aさん、Bさん、Cさんに言われて気づきました。

確かに俺の記事で上げたくらいで凡走するなんてそんな力がある訳がない。それにマッスルビーチは2番人気と買っている人も沢山いる訳だから俺なんかの記事でどうにかなるわけがない。良い意味での開き直りです。

 

そんなこんなで脳内の人にグサグサ言われながら記事を更新しようと思います。(どれがAさんBさんCさんかはこの人言いそうって人に当てはめて読んでください)

 

震えて待て!

 

まだ言うか!

 

 

サウジアラビアRC/毎日王冠/京都大賞典関連記事

www.sakuramori18.comwww.sakuramori18.com

 

 

サウジアラビアRC 毎日王冠 京都大賞典 注目馬

 

f:id:sakuramamoru2019:20190527145756p:plain

 

サウジアラビアRC 注目馬

 

注目する穴馬は存在せず…。人気サイドで決まるのではないかと見ている。

 

 

毎日王冠 注目馬

 

サウジアラビアRC同様に頭数が少ない上に強い馬がはっきりしているので、穴として推奨できる馬は存在しない。

 

 

京都大賞典 注目馬

 

チェスナットコート

父:ハーツクライ 母:ホワイトヴェール 母父:クロフネ

 

天皇賞(春)で狙ったチェスナットコート。

 

坂井も春は、GⅠに乗る機会もあり経験を積めている事に加えて馬にも可能性があると信じ重い印を打ったが、結果は凱旋門賞に向かったフィエールマンに1.8秒差の6着。上位2頭が突き抜けていた1.8秒差であり3着馬からは0.8秒差という結果だった。

 

目黒記念でルックトゥワイスから離され0.7秒差の7着と巻き返せなかった。毎年、天皇賞(春)を使った馬はしっかり休養させないと疲労が残り凡走するケースが目立つ。それを考えると目黒記念ではよく走った方だと思う。

 

その後休養に入って夏の札幌で休み明け1戦目を迎えた訳だが、ー14キロと明らかに調整ミス。もしくは、ここでまさかの天皇賞のダメージ?くらいー14キロは意外だった。

結果は惨敗。それはそうだ。このレース自身度外視で良いと思っている。

 

というように天皇賞(春)後の負けについては、それぞれ理由がつくので本来の姿とは思っていない。

そして、今回それ以上に大きいのは、坂井→岩田への乗替

この乗り替えこそが注目馬として一番推したい部分でもある

 

同レースには、坂井もドレッドノータスで騎乗の予定となっている。予想オッズの段階だが、チェスナットコートとドレッドノータスでは、ドレッドノータスの方が人気があるので厩舎サイドが有力馬を坂井に乗せたようにも映るが俺は違うと見ている。

 

負けているとは言えここ2戦に関しては、坂井の騎乗云々よりも調整の問題でありレースの負けは馬自身の調子という事で見ているので騎手の責任ではない。もし、厩舎がドレッドノータスの方が好走する可能性があると見て坂井に任せるなら前走からそうしているだろう。今回、坂井→岩田へのスイッチは厩舎として勝負に来ているというよりもここで好走できるだけの調整が出来たという表れと見ている。

 

一度でも騎乗機会があっての乗り替えならまだしも岩田自身チェスナットコートに騎乗した事もなくここが初騎乗。記事を書いている段階で調教で岩田が乗っているかいないかわからないが、もし乗っているようなら一発を確実に狙ってきている。

 

矢作厩舎と岩田。ディープブリダンテで日本ダービーを勝ったコンビだけに色々あったが信頼は強くこの乗せ替えこそ狙い時だと思っている。

f:id:sakuramamoru2019:20191002092408p:plain

 

  

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

「今日だけ頑張るんだ。今日頑張ったものだけに明日が訪れる。」

この言葉で本日は閉めさせていただきます。さくらもり(@sakura3_dishman)でした。