ナノミリ進化論®️

30代後半の3児の父です。気づけば競馬暦も20年となり競馬の歴史だけは詳しくなりました。心理学や脳科学についても勉強しておりそれについても発信しております。誰かに何かの約に立つブログになるよう日々精進していますのでよろしくお願いします。

~考えるな感じろ~ ロジックは大切だ!しかし、時に直感も大切だ!【スプリンターズS】[予想結果]

どんな事でもなるべくニュートラルに判断しそして自分が好きか嫌いかでジャッジしながら生きていこうと思っているさくらもり(@sakura3_dishman)です。

 

日本VSアイルランドのラグビー凄かったですね。

 

土曜日は、競馬の中継を見ている時に急にテレビのチャンネルが変わり「何事ぞ?!」って思ったら自分で忘れないように視聴予約していました(汗)

やはり、視聴予約していなかったら忘れていた可能性が…。なので、無事余すことなく中継を見る事ができました。 

 

試合に関しては、「精神的支柱という存在の大きさ」と「地の利」という2点が非常に目立った試合だったように思いました(素人目線で)

リーチマイケル投入で日本の動きが素人目で見ても変わった事に加えて地の利が日本においては本当に生きてくるなと思った。

アイルランドは、エース不在もあったが明らかに最後の最後は苦しくなっていた。後半、点差をつめるため積極的に攻めてきたが、なかなか崩れないディフェンスに加えてジメッとした気候。飛ばせば飛ばすだけスタミナを奪われてパフォーマンスが落ちたように映った。

 

「粘り」というのは、日本の象徴のようなプレースタイルだが、粘りに加えてこの気候。日本のスタイルとこんなにマッチしている環境で他国にとってはとても嫌な環境。

開催国として今後も快進撃は止まらないと見ている。

 

では、続きましては、秋の最速王は誰か?

スプリンターズSの結果です。

 

スプリンターズS 予想結果

 

f:id:sakuramamoru2019:20190328123208p:plain

 

強行ローテのように映ったタワーオブロンドンだったが、お構いなしだった。

 

なんらなら函館SSからレースを使う度に1200mのレース内容が良化してスプリンターズで集大成を見せ付けるというようにも見えた。

 

パドックでも返し馬でも非常に良い雰囲気で

 

「パドックとかでちょっとはチャカつくとかそれらしい素振り見せてよ~。」

 

って思うくらい疲れというものは見えず逆にこれは走るなって思った。

その時点で馬券は負けだよね。だって評価は△な訳だから。

結果は知っての通り突き抜けて俺の馬券もどっかに突き抜けていった。

 

レース後談話でも「ずっと伸びていた」という事で「疲れ」とかちゃんちゃらおかしかったね。

 

でも、これはタワーオブロンドンだからであって並の馬なら疲れでもうバテバテしちゃうよ。実際に夏4戦したカイザーメランジュは、セントウル後故障したしね。

 

タワーオブロンドンではなくタワーオブテラーだよ完全に。

 

サマースプリント王者からスプリンターズチャンピオンと国内の短距離タイトルを一気に奪取して…やりすぎダーレーだよ。

 

血統面から言わせてもらうと土曜日から新馬を除いて1200mは3鞍あったが注目血統だったニジンスキーやグレイソヴリン内包馬は、カンナSに関しては、アルムブラストは勝利して4着のアポロセイラン、5着コスモカッティーボと好走しそうな感じはあったが、日曜日の2鞍でまったく内包馬が走らないという自体。馬場いじっただろって思ったけど単純に力不足だったかなぁ。ノーワンに関しては、14番人気にも関わらず勝ち馬から0.7秒差なら走ったのを見ると血統的には走れる条件化だったのかもしれない。

 

 

スプリンターズS予想記事

www.sakuramori18.com

 

◎②ダノンスマッシュ

⇒ 3着(1番人気)

 

内枠は得意な馬だが、今回は仇となった。

前も止まらないので開かないし外に出そうにもタワーオブロンドンに進路を潰され追い出しを待たされるという状況。

33.7の上がりで直線脚を使ったが、先に仕掛けて直線抜け出したタワーオブロンドンは上がり33.5とダノンスマッシュを上回っている時点で勝利はできなかった。逆ならクビ差なり凌いで勝利できたかもしれない。たられば厳禁だけにこの結果は結果だ。

 

 

○⑮イベリス

⇒ 11着(10番人気)

 

前が止まりづらい馬場だったが、モズが作り出すペースでは前はモズ以外はついていけない。その典型という感じで潰れた。斤量で相殺できないかなとも考えての評価だったがそんなに甘くはなかった。

まだ、スプリント界の上位組とは差があるのが現状。

 

 

▲④リナーテ

⇒ 9着(5番人気)

 

中途半端な結果。

後方から運んだ馬もしっかり最後は追い込んできたが、リナーテは中団から中団で終わるというなんとも残念なレースだった。今までのレース内容ならもう少しどうにかならんかったかな。一番どんな評価をしていいかわかならいレース内容とだけ申しておきたい。

 

馬券については、低迷中…。

 

f:id:sakuramamoru2019:20190626144155p:plain

 

今回のキーワードは、「思考の壁を越えろ」。それに尽きる。

 

  

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

「成せばなるとは限らないけど成さねば確実にそのまま」

この言葉で本日も閉めさせていただきます。さくらもり(@sakura3_dishman)でした。

 

 

 

今週の記事一覧

www.sakuramori18.com