ナノミリ進化論®️

30代後半の3児の父です。気づけば競馬暦も20年となり競馬の歴史だけは詳しくなりました。心理学や脳科学についても勉強しておりそれについても発信しております。誰かに何かの約に立つブログになるよう日々精進していますのでよろしくお願いします。

~覚醒そしてお買い得~ 心の声と予想と私【シリウスS】[予想]

どんな事でもなるべくニュートラルに判断しそして自分が好きか嫌いかでジャッジしながら生きていこうと思っているさくらもり(@sakura3_dishman)です。

 

このブログも本格的に運用し始めて7ヶ月が過ぎてそろそろ8ヶ月を迎えようとしている。ブログを続ける事で何かが変わるかもと思い始めた事だが、色々学ぶ事が多かった7ヶ月。

それこそ社会人になり継続する事の大事さなんてわかっているつもりだったけど、ブログを通じて継続する事で得られるものがあるという事を改めて知る事ができたのは非常に大きかった。

そして、戦略という仕事をしていると数字というものに本当に敏感になる。そのせいかPV数や読者数などには本当に悩まされた。

 

PV数が少ない=ブログ内容の面白さがない

読者数が少ない=つまらない人間(人間的な魅力がない)

 

という認識だが、この認識は間違いはないだろう。

人間性を文章で出せる人って本当に凄いと思うしそれをしっかり伝えている人なんかは本当に凄いと思う。

 

以前までPV数が今月何万でとか読者が○○人達成という記事を見ると「凄い」ってよりも「嫌悪感」しかなかったかなぁ。「はいはい自慢始まりました。」みたいな見方をしていました。

 

今は、素直に凄いと思うし嫌悪感は抱かないけど、何を目的として「達成記事」をブログとしてアップするのかは未だにわからないしというのが正直な気持ちではある

多分、これを「わかる」って思う人も100人中1人くらいはいるんじゃないかな。

 

こんな事を書くと「こいつちっちゃ」と思われるかもしれないが、OKOKって感じかなぁ。実際、そんな事思っていたし自分でもちっちゃって思うからね。笑

 

なんか色々難しく考えて書きたい事も書けないと思っていたので、いいカッコしいは止めて素直に表現していくよ。自身で掲げているブログ上のルールとして「行きすぎた表現」とかはこれからもしないけど、今後はブログが今までと異なると思うので宜しくお願いします。

 

さぁ、ブログの内容を変える事と自分が考えている事もはっきり表明したので気を取り直して土曜日に行われるシリウスSの予想をしていきます。

 

シリウスS 予想

 

 

f:id:sakuramamoru2019:20190328123630p:plain

 

グリムは、シリウスではなく連覇をかけて金沢へ…。

 

他にも登録していたテルペリオンやリアンヴェリテなども白山大賞典に向かうとの事で上位人気に押されるのは、エルムS組となった。

 

1番人気になりそうなモズアトラクションも最後は必ず脚が使えるようになったし鞍上とも息がピッタリなのでシリウスでも好走する可能性は非常に高いと見てよさそう。

そして、そのエルムSで初めてダートを経験しレース内容からダートでも十分やれるところを見せたタイムフライヤー。長距離では安定して走っているアングライフェンなどが上位人気に押されそうだが、正直かなり難しいレースになっているなという印象。

 

だから、荒れると見て波乱度80%とした。

 

そんな中から本命にしたのは…。

 

 

 

◎⑩マッスルビーチ

父:メイショウサムソン 母:クロンヌドール 母父:アグネスタキオン

 

 

魔の注目馬コーナーで触れたマッスルビーチ。

 

格上挑戦ではあるものの注目馬の記事でも書いたが、近親にキングカメハメハとポテンシャルなら十分やれる下地はある!

 

単純に近親にキンカメがいるからとかではなく、シリウスSの見立てを「混戦」と見ておりそんなケースの中では些細な材料でも武器になる。マッスルビーチの斤量は、格下なので「50キロ」という状態で今回出走できる。

 

前走の鳥取特別では、上がり35.8とレース上がり最速をマークした上にレース上がり2位とは1.1秒差という一頭だけ伸びが別次元のレースを展開。

 

その時の斤量からさらに3キロ減で臨める今回

 

もう、直線外から伸びて前を飲み込むイメージしかできないよね。

f:id:sakuramamoru2019:20190720094459p:plain

 

 

そもそも、格上や格下という表現は人間が決めたものであり馬自身が俺は500万だからとか1000万だからという事を認識している訳ではない。そのレースで一番早くゴールできるか否か。そのポテンシャルがあるか否かなので1000万からの重賞挑戦だが、能力がOP級であればクラスは関係ない。

 

マッスルビーチには、それだけの能力があると思っている。

なんならここでの経験で能力開花に繋がるかもしれないとも思っている。

 

 

○②タイムフライヤー

父:ハーツクライ 母:タイムトラベリング 母父:ブライアンズタイム

 

 

前走は、 近親にタイムパラドックスがいるからと言っても初ダートで重賞制覇はさすがにと思い消した経緯があったが、レースを見てちょっと焦った。

 

砂に怯む事もなくグングン加速して道中の手応えを見て馬券を諦めそうとも思ったレベル。

 

休み明けと馬体重+14キロに救われる形で馬券は無事獲れたが、血の怖さを改めて思い知った一戦だった。

 

エルムSの予想でも回顧でも使ったキーワードとして、ダートを1度でも使ったらという事がまさに今回に該当するので今回は買う。

内枠だが、おそらくそこも気にするレベルではないだろう。そのくらい前走の走りでダート適正を感じた。確かに感じた。ものすごく感じた。

 

鞍上もルメールだけに下手には乗らないし厩舎も悪い仕上げで乗せないでしょうしね。

 

なので買い!

 

▲④モズアトラクション

父:ジャングルポケット 母:エーシンラクーリエ 母父:コロナドズクエスト

 

 

まぁ、この馬に関しては力的に上位であり、最後の脚を確実に使えるようになった以上外せない。展開不向きでとかでも最後ギリギリで届いて馬券外すとかカオスでしょ。

届かないよりも届く可能性が高いので単穴で拾っておく必要あり。 

 

以下△は、⑥ロードゴラッソ、⑦ロードアルペジオ、⑬メイプルブラザー、⑧アングライフェン、⑨ナムラアラシ。

 

 

三連複フォーメーション

⑩ー②④ー②④⑥⑦⑬⑧⑨ 11点 

ワイド

⑩ー②④⑥⑦ 4点

 

今回のキーワードは、「覚醒そしてお買い得」。それに尽きる。

 

  

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

「成せばなるとは限らないけど成さねば確実にそのまま」

この言葉で本日も閉めさせていただきます。さくらもり(@sakura3_dishman)でした。