ナノミリ進化論®️

30代後半の3児の父です。気づけば競馬暦も20年となり競馬の歴史だけは詳しくなりました。心理学や脳科学についても勉強しておりそれについても発信しております。誰かに何かの約に立つブログになるよう日々精進していますのでよろしくお願いします。

ニッチな部分をピックアップしてみた【スプリンターズS】【シリウスS】[血統傾向]

どんな事でもニュートラルに物事を見れるように意識しているさくらもり(@sakura3_dishman)です。

 

「努力は必ず形になる。原因を他者に求めても前に進めない。」

→努力がなかなか実らない時に、人は原因を自身ではなく他者や他の因子のせいにしようとする傾向にある。やみくもに努力をしても意味はないという意見もあるが、やみくもにやってこれでダメだなと本人が自覚して変えようと思えない以上、その言葉も効果を持たない。実際、やみくもな努力が間違いか否かもその時点でわからない訳で…。自身がこれを続ける事で意味を持つと信じている事なら他者の言動に惑わされずに続ければ必ず何かしらの形になる。

 

 

本日もブログに訪問いただきありがとうございます。 

 

現在、母系の血統とクロスについて傾向を書いているが、クロスがあまり効果的ではないという感じを受けている。(馬券として貢献度が低め

ノーザンダンサーのクロスは基本的に持つ馬も多いので対象が異常に増えてしまう時もあるし傾向を探るという部分であまり有効性がないと思ってしまった。

 

母系をピックアップとしながらもクロスだけは、純粋な血統表から見ているのでそれでは母系特化とは言えないし…。ちょっと母系血統の切り口を考えないといけないなぁと今考えている。今週からクロスに関しては、傾向から除外する。

 

今まで3年間だけだったが5年間まで対象期間を拡げて今回は傾向を見てみる事にしてみる。

 

 

スプリンターズS/シリウスS関連記事

www.sakuramori18.com

 

 

スプリンターズS シリウスS 血統傾向

 

f:id:sakuramamoru2019:20190709123609p:plain


 

スプリンターズS 血統傾向

 

~母父血統傾向~

■ キンググローリアス(ミスプロ)

■ サクラバクシンオー(プリンスリーギフト)

■ ストームキャット(ストームキャット)

■ フサイチコンコルド(ニジンスキー)

■ キュアザブルース(ヘイルトゥリーズン)

■ タイキシャトル(ヘイルトゥリーズン)

■ ジャングルポケット(グレイソヴリン)

■ ロックオブジブラルタル(ダンチヒ)

■ サンデーサイレンス(SS)

■ ヘクタープロテクター(ミスプロ)

■ マーベラスサンデー(SS)

■ トニービン(グレイソヴリン)

■ マイネルラヴ(ミスプロ)

■ マークオブエスティーム(ミルリーフ)

 

~母母父血統傾向~

■ ノーザンディクテイター(ノーザンダンサー)

■ シェイディハイツ(ミルリーフ)

■ コーモラント(リボー)

■ オジジアン(ダマスカス)

■ シアトルスルー(シアトルスルー)

■ デインヒル(ダンチヒ)

■ カーリアン(ニジンスキー)

■ ヌレイエフ(ヌレイエフ)

■ アファームド(レイズアネイティヴ)

■ ダンシングブレーヴ(リファール)

■ ジェイドロバリー(ミスプロ)

■ マルゼンスキー(ニジンスキー)

■ タヤスレミグラン(ノーザンダンサー)

■ ロイヤルアカデミーⅡ(ニジンスキー)

 

 

スプリンターズS血統特徴

母系にニジンスキーとグレイソヴリンの血を内包している馬が好走傾向にある。ダンチヒなどが好走のイメージがあるが5年間で母系だけ見ると2/15しかおらず予想以上には走っていない印象も受ける。

 

母系にニジンスキーの血を内包している馬

⇒ ノーワン

 

母系にグレイソヴリンの血を内包している馬

⇒ アレスバローズ

 

 

血統傾向からピックアップされる馬は、2頭と推奨するには丁度良い頭数という感じ。

人気的にも両馬共に人気薄が確定しているようなものだし穴としてヒモに一考としてもらえばと思う。 

 

シリウスS 血統傾向

 

~母父血統傾向~

■ シアトルスルー(シアトルスルー)

■ エンドスイープ(フォーティナイナー)

■ ジェイドロバリー(ミスプロ)

■ エリシオ(フェアリーキング)

■ サンデーサイレンス(SS)

■ ゴーンウエスト(ミスプロ)

■ キャンディストライプ(レッドゴッド)

■ ジャイアンツコーズウェイ(ストームキャット)

■ ポリッシュプレジデント(ダンチヒ)

■ アジュディケーティング(ダンチヒ)

■ スペシャルウィーク(SS)

■ マーケトリー(ミスプロ)

■ ゴールドアリュール(SS)

 

~母母父血統傾向~

■ ノーザンダンサー(ノーザンダンサー)

■ サドンソー(ノーザンダンサー)

■ ゴールドアラート(ミスプロ)

■ サンデーサイレンス(SS)

■ サドラーズウェルズ(サドラーズウェルズ)

■ ソルトレイク(ヴァイスリージェント)

■ アーマッド(ナスルーラ)

■ ホームビルダー(ミスプロ)

■ ベーリング(ネティヴダンサー)

■ ミスターシービー(プリンスリーギフト)

■ ホワイトマズル(リファール)

■ メダーリオドーロ(ボールドルーラー)

■ リアルシャダイ(ロベルト)

 

※ナムラビクター、ピオネロがリピートしているので重複除外。

 

 

シリウスS血統特徴

正直、母系から特筆すべき部分はない。シンプルにミスプロの血を内包している事が好走条件にはなるだろう。

 

 

ミスプロ内包の血を持つ馬

⇒ テルペリオン、ナムラアラシ、マッスルビーチ、モズアトラクション、ヤマカツライデン、ロードアルペジオ、ロードゴラッソ

 

 

シリウスSに関しては、ミスプロ内包なんていうどんだけ範囲を拡げた血統傾向なんだよ?って思われそうだけど、血統的な特徴がない。(母系に関しては)

すなわち、シンプルに血統よりもダート馬としての力と距離への適正の高さという部分が反映されるレースという見方もできる。

 

母系を無視して血統で見た時にダート2000mという距離では、カネヒキリ産駒は走る傾向にあるので人気薄でもメイプルブラザーをヒモ穴として入れておくのも一理と考えています。

 

この記事を見て「おいおい○○血統持っているじゃん」と思う方がいるかもしれませんが、母系のみをピックアップして見ているので父系にその系統があっても「該当なし」としています。クロスに関しては、その馬の純粋な血統表を見ているものです。ここは母系などは関係ありません。

 

 

以上が血統傾向のデータとなります。

何かの参考にしてもらえればと思います。

  

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

「成せばなるとは限らない 成さねば確実にそのまま」

この言葉で本日も閉めさせていただきます。さくらもり(@sakura3_dishman)でした。