ナノミリ進化論®️

30代後半の3児の父です。気づけば競馬暦も20年となり競馬の歴史だけは詳しくなりました。心理学や脳科学についても勉強しておりそれについても発信しております。誰かに何かの約に立つブログになるよう日々精進していますのでよろしくお願いします。

怪物はひと夏越してさらなら怪物へ【オールカマー】【神戸新聞杯】[予想結果]

どんな事(良い事/悪い事)でもニュートラルに物事を捉えるようにして生きているさくらもり(@sakura3_dishman)です。

「休んだっていい。悩んだっていい。それさえ進むって事なんだ。信じろよ。光は必ず射す。」

 

 

本日もブログに訪問いただきありがとうございます。 

 

オールカマー 神戸新聞杯 予想結果

 

f:id:sakuramamoru2019:20190328123208p:plain
 

 

 

オールカマー 予想結果

 

 

オールカマー予想記事

www.sakuramori18.com

 

◎レイデオロ

⇒ 4着(1番人気)

 

レイデオロに関しては、「ピークが過ぎたのか?過ぎていないのか?」という事が最大の関心事だった。直線の脚だけみると休み明けと言われればそうにも見えたが、レース後の鞍上談話(福永談)で「状態もレースに向かうまでも良かったが、ラストで後ろの馬にも差されてしまった」というちょっと具体的な話をしている。福永談なので話半分で聞いておきたいところだが、コメントから推測するに鞍上の手応えはよかったが、実際には伸びておらず(手応えの割に)なぜか後ろから来た馬に差されたという事なのだろうと思う。手応えと伸びの乖離が発生しているとなるとそれが指し示す意味としては、「ピークを過ぎている」正確に言えば「本当に緩やかにピークから下っている」という事なんだろう。

 

よって、「ピークを過ぎている説」はあっているという事になる。

 

しかし、オールカマーの結果が4着だけに完全に馬券に不必要とは言えるだけの状態ではなくちょっと紛れると馬券内にくるという可能性を残しているという結論を今回はつけておこうと思う。

 

【診断結果】 

⇒ 秋のGⅠ戦では本命や対抗などの重い印は回さず軽視の方向で様子を見る。

 

○ゴーフォザサミット

⇒ 6着(7番人気)

 

血統面で評価を上げた一頭だが、レースを見る限りこの結果が精一杯だったかな。

十分走っているし直線も頑張っていた。

レース後談話で鞍上も「よく走っている。今後重賞勝てるのではないか」と話をしているだけでポテンシャルは確か。

 

 

▲ミッキースワロー

⇒ 2着(3番人気)

 

勝ち馬であるスティッフェリオは、逃げての勝利だけにあのポジションからの差し脚は立派だった。菊沢は「流れが向かなかった」という事を話していたが、ミッキースワロー自体は、早めに動いても脚が使えるだけに流れを待たずに先に動けばどうだったのか?という疑問を残している。

 

 

馬券の方は…

f:id:sakuramamoru2019:20190720094734p:plain

結果を残せませんでした…。

先週から引き続き連敗しております。 

 

神戸新聞杯 予想結果

 

 

 

神戸新聞杯予想記事

www.sakuramori18.com

 

◎ヴェロックス

⇒ 2着(2番人気)

 

1コーナーの入りで少し行きたがるそぶりをみせたりしていた。道中では折り合いがついて運んだが、勝ち馬のサートゥルナーリアとは春より差が開いてしまっているような印象を持った。しかしながら、使いながら良化していくイメージがあるヴェロックスだけに次走でどのくらい変わるか見物。サートゥルナーリアとは最終的に同じ路線でぶつかるだろうが、ここでついた差をどこまで詰められるのか?それとももっと開くのか?どうなるか。 

 

○シフルマン

⇒ 6着(5番人気)

 

果敢にハナを奪ってレース運びをしたが、番手の怪物(サートゥルナーリア)にずっとマークされ続け最後はそのプレッシャーで失速してしまったようなレース内容。

逃げという形で権利取りを狙ったが、サートゥルナーリアもヴェロックスも前目につけてきて前は逆に楽をさせてもらえなかった。

 

まぁ、後は、注目馬として紹介したせいかなぁ。

 

▲レッドジェニアル

⇒ 4着(4番人気)

 

サートゥルナーリアと同じポジションで運んだが、相手が悪かった。一気に置き去りにされてしまい決め手勝負の流れでワールドプレミアにも最後は捕まってしまった。

 

馬券の方は…

f:id:sakuramamoru2019:20190827111035p:plain

はい。的中まで果てしなく続く砂漠の道って感じです。

 

にしてもサートゥルナーリアは強いの一言に尽きる。

 

レース後談話でルメールも「鞭なしで自分から走っていて超早かった」というくらい頭も良く兄弟特有だった気も悪さもなく競争能力にすべてが向いている今の状況を見ると国内では敵はいない可能性も出てきた。近い将来、アーモンドアイとぶつかるレースで鞍上のルメールはどちらを選択するのかが今から気になるところ。

 

  

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

「頼まれ事は試され事」

この言葉で本日も閉めさせていただきます。さくらもり(@sakura3_dishman)でした。