ナノミリ進化論®️

30代後半の3児の父です。気づけば競馬暦も20年となり競馬の歴史だけは詳しくなりました。心理学や脳科学についても勉強しておりそれについても発信しております。誰かに何かの約に立つブログになるよう日々精進していますのでよろしくお願いします。

血統に特徴があるオールカマー 血統も上位拮抗な神戸新聞杯【オールカマー】【神戸新聞杯】[血統傾向]

どんな事でもニュートラルに物事を見れるように意識しているさくらもり(@sakura3_dishman)です。

「1位と最下位との差なんて大したことねーんだよ。ゴールすることとしないことの差に比べりゃ」by南波六太

 

本日もブログに訪問いただきありがとうございます。 

 

今日は、今週行われるオールカマーおよび神戸新聞杯の血統データ(母系)について記事を書いていきます。 

 

オールカマー/神戸新聞杯関連記事

www.sakuramori18.com

 

 

オールカマー 神戸新聞杯 血統傾向

 

f:id:sakuramamoru2019:20190709123609p:plain


 

オールカマー 血統傾向

 

~母父血統傾向~

■ ジャイアンツコーズウェイ(ストームキャット)

■ トニービン(グレイソヴリン)

■ キョウワアリシバ(レイズアネイティヴ)

■ スツーカ(ミスプロ)

■ クロフネ(ヴァイスリージェント)

■ オーサムアゲイン(ヴァイスリージェント)

■ サンデーサイレンス(SS)

■ エッセンスオブドバイ(エーピーインディ)

■ シンボリクリスエス(ロベルト)

 

~母母父血統傾向~

■ シアトルスルー(シアトルスルー)

■ オールウェイズランラッキー(ボールドルーラー)

■ マナード(ターントゥ)

■ ステージクラフト(サドラーズウェルズ)

■ シーキングザゴールド(ミスプロ)[2]

■ ボールドレヴェニュー(ボールドルーラー)

■ リヴァーマン(ネヴァーベント)

■ グレイトアバヴ(ヒムヤー)

 

~クロス血統~

■ ノーザンダンサー 5×5 [3]

■ ノーザンダンサー 5×5×4

■ ヘイルトゥリーズン 5×5

■ ミスプロ 4×4

■ クロスなし [3]

■ プロミスドランド 5×5

■ ボールドネシアン 5×5

■ ミスプロ 3×4 

  

 

オールカマー血統特徴

ボールドルーラーの血が母系に入っている事が好走する傾向にある。これほど特徴的なのも珍しく母系にこの血が入っているなら積極的に買って良いだろう。クロスに関しては、ノーザンダンサー5×5かクロスなしどちらかをチェックしておけば母系の血統面ではカバーしきれる

 

母系にボールドルーラーの血を内包している馬

⇒ ゴーフォザサミット

 

ノーザンダンサー5×5クロスを持つ馬

⇒ レイデオロ

 

クロスがない馬

⇒ スティッフェリオ

 

 

これだけ特徴が顕著な中でも母系にボールドルーラーの血が入っているのは、ゴーフォザサミットのみ。クロスに関してもレイデオロとスティッフェリオの2頭だけ。

血統面からのアプローチでプラス評価は3頭のみ。3頭でワイドボックスでも十分楽しめそうではある。

 

 

神戸新聞杯 血統傾向

 

~母父血統傾向~

■ ダルシャーン(ネヴァーベント)

■ ピヴォタル(ヌレイエフ)

■ オーペン(ダンチヒ)

■ リダウツチョイス(ダンチヒ)

■ ディープインパクト(SS)

■ シンボリクリスエス(ロベルト)

■ レモンドロップキッド(キングマンボ)

■ カクタスリッジ(ストームキャット)

■ キングカメハメハ(キンカメ)

 

~母母父血統傾向~

■ アルザオ(リファール)

■ カーリアン(ニジンスキー)

■ サザンヘイロー(ヘイロー)

■ ヌレイエフ(ヌレイエフ)

■ ドクターデヴィアス(クラリオン)

■ シーキングザゴールド(ミスプロ)

■ ミシエロ(ミスプロ)

■ ブロードブラッシュ(ヒムヤー)[2]

 

~クロス血統~

■ クロスなし [3]

■ ミスプロ 3×5

■ ノーザンダンサー 5×5×5×5

■ ヌレイエフ 4×4

■ ヘイロー 3×5×4

■ ノーザンダンサー 5×5×5

■ ノーザンダンサー 5×5×4

■ リファール 4×5

■ ノーザンダンサー 5×5 [2]

■ ミスプロ 3×4

■ ミスプロ 4×5

 

 

神戸新聞杯血統特徴

年によって血統傾向が変わる印象だが、ダンチヒ、ヌレイエフの血の内包が好走傾向にある。そもそもノーザンダンサーのクロスを持つ馬が好走するのでその関わりも大きい。クロスなしの馬も好走している。ノーザンダンサーのクロスを持つならダンチヒやヌレイエフの血を内包している馬が理想か

 

ダンチヒの血内包馬

⇒ 該当なし

 

ヌレイエフの血内包馬

⇒ 該当なし

 

ノーザンダンサークロス持ちの馬

⇒ カリボール、サートゥルナーリア、シフルマン、ユニコーンライオン、レッドジェニアル、ワールドプレミア、ヴィント

 

クロスなしの馬

⇒ レッドサイオン、ヴェロックス

 

さすがにノーザンダンサーのクロスは多いですね。しかしながら、そのクロスの中でダンチヒとヌレイエフの血を内包している馬は不在でした。サートゥルナーリアはしっかりノーザンダンサーの血を内包していますしヴェロックスもアウトブリードとしてクロスなしの馬としてしっかり該当しています。神戸新聞杯に関しては、注目は3着争いかなという感じ。

 

この記事を見て「おいおい○○血統持っているじゃん」と思う方がいるかもしれませんが、母系のみをピックアップして見ているので父系にその系統があっても「該当なし」としています。クロスに関しては、その馬の純粋な血統表を見ているものです。ここは母系などは関係ありません。

 

 

以上が血統傾向のデータとなります。

何かの参考にしてもらえればと思います。

  

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

「成せばなるとは限らない 成さねば確実にそのまま」

この言葉で本日も閉めさせていただきます。さくらもり(@sakura3_dishman)でした。