ナノミリ進化論®️

30代後半の3児の父です。気づけば競馬暦も20年となり競馬の歴史だけは詳しくなりました。心理学や脳科学についても勉強しておりそれについても発信しております。誰かに何かの約に立つブログになるよう日々精進していますのでよろしくお願いします。

トライアルは荒れそうな予感。【推奨馬】【紫苑S】[予想]

どんな事でもニュートラルに物事を見れるように意識しながら進んでいるさくらもり(@sakura3_dishman)です。

「努力は必ず形になる。原因を他者に求めても前に進めない」をモットーに生きています。

 

本日もブログに訪問いただきありがとうございます。

 

今週は、トライアル、前哨戦、ステップレースと盛り沢山。そして、気温までも週末にファイトバックしてくるようで馬も騎手も厳しい状況に置かれそうですね…。

 

では、土曜日の推奨馬と秋華賞トライアルの紫苑Sの予想をしようと思います。 

 

 

土曜日推奨馬9/7 紫苑S 競馬予想

 

競馬予想 推奨馬9/7

 

f:id:sakuramamoru2019:20190823214528p:plain

 

中山 推奨馬

 

中山3R ⑥キャンディスイート

休み明けで好走しているダートではなく芝を使っての11着は度外視していい結果。

未勝利を勝った中山のダートを万全の状態で迎えるためのようなローテ。鞍上も未勝利を勝たせた横山だけに厩舎は勝負しにきている。人気になっても信頼できる。

問題としては、鞍上のやる気だけ

 

中山12R ⑤グラスボイジャー

未勝利を勝った後は、ダート1400を使い芝1000を使いと実績のあるダート1200を使わずにここまできたクラスもこれで3走目。鞍上もこの馬をよく知る木幡巧に手が戻り前走の芝1000mがショックとなり好走する条件は揃った。

 

阪神 推奨馬

 

阪神6R ⑨レイトブルーミング

1番人気になると思うが、未勝利勝ちのレベルが優秀で500万でも通用する見込み。鞍上も引き続き松山が乗るので心配はないだろう。

 

阪神10R ④キコクイーン

 

未勝利後、着順は冴えないものの着差はそこまで酷いものではない。未勝利勝ちのレベルなら500万でもと思っていたが、馬券に絡めずちょっと足踏み状態。今回は、開幕ということで前有利に働く可能性も高く意地でもハナという馬もいないので内からすんなりハナを取れれば残るだけの力はある。相手は、ローザノワールとメンターモードとして考えている。

 

阪神11R ⑥プレスティージオ

前に行きたい馬が多く展開が速くなりそうな構成。

近走ダート1700mを使い前で競馬をしてきたプレスティージオだが、短縮の今回は良い意味で前にいけず後方からの競馬になりそう。開幕だけに前のペースも相当でないとバテないだろうが、崩れてきたら短縮してきたプレスティージオにチャンスはめぐってくると思う。先行して激流になっても1700で走った経験が生きるのでそこそこは走れるとも考えている。

 

 

推奨馬は、以上5頭となります。なんとか2頭は絡んでほしいと祈っております。

 

紫苑S 予想

 

f:id:sakuramamoru2019:20190527145753p:plain

 

カレンブーケドールの実績は、頭ひとつ抜けていると思うが、休み明けで他もかなり本気で権利取りを狙ってきているので混戦と見ている。 

 

 

 

 

◎⑥フェアリーポルカ

父:ルーラーシップ 母:フェアリーダンス 母父:アグネスタキオン

 

 

有力馬診断で上位人気で馬券になる可能性が高い馬としてピックアップした馬を本命にしたい。

 

力がある+適正距離に戻る+輸送までして勝負にくる=買い!

 

という考えは変わらず。

 

若駒Sでヴェロックスから0.6秒差、レースレベルが高めだったフローラSで大外枠という余計に距離を走らされたレースでウィクトーリアと0.1秒差と実力なら上位は間違いない。夏を超えて成長してくる馬との闘いにはなるが、春で成長しきっている感はなかったのでフェアリーポルカも成長して復帰すると見ている。

 

兄弟は、まだ実績はないものの母フェアリーダンスの母はトゥザヴィクトリーやサイレントディールを産んだフェアリードールだけにポテンシャルもあるだろう。

 

 

○⑭カレンブーケドール

父:ディープインパクト 母:ソラリア 母父:スキャットダディ

 

オークス2着馬だけにトライアルと言えど恥ずかしい競馬はできない。

 

オークスまで戦ってきているメンバーも骨っぽいので人気があっても嫌ってはいけない馬だろう。

 

▲②クールウォーター

父:ディープインパクト 母:クロウキャニオン 母父:フレンチデピュティ

 

注目馬として紹介したクールウォーター。

 

注目馬の記事でも書いたが、休養前は、スイートピーでカレンブーケドールと0.4秒差の競馬をし大寒桜賞では、青葉賞勝ち馬リオンリオンと0.2秒差と重賞でも通用するレースをしている。

 

その後、走らせずに休養に当てて紫苑Sで復帰。ローテを見ると春先にクラシックを戦ってきた馬が歩む感じだが、クールウォーターは、クラシックに出走できずに休養に入った。通常だと夏を使いながら秋華賞という流れになりそうだが、しっかり休ませここにぶつけるあたり春の手ごたえが余程よかったのだろうと思っている

 

血統背景も鞍上も一発が狙えるだけに人気がなくても馬券的妙味から狙っていきたい。

 

以下、△は、⑤レッドベルディエス、①エアジーン、⑮パッシングスルー、⑫ローズテソーロ、⑩レオンドーロ、⑧グラディーヴァ、⑦トーセンガーネット。

 

三連複フォーメーション

⑥ー⑭②ー⑭②⑤①⑮⑫⑩⑧⑦ 15点

ワイド

②ー⑭⑤⑥ 3点

 

トライアルだけに一筋縄でいきそうもないという事で点数が増えてしまいましたが、あたればこの点数でも十分配当はあると思うので広げて勝負です。

  

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

「成せばなるとは限らないけど成さねば確実にそのまま」

この言葉で本日も閉めさせていただきます。さくらもり(@sakura3_dishman)でした。