ナノミリ進化論®️

30代後半の3児の父です。気づけば競馬暦も20年となり競馬の歴史だけは詳しくなりました。心理学や脳科学についても勉強しておりそれについても発信しております。誰かに何かの約に立つブログになるよう日々精進していますのでよろしくお願いします。

紫苑S⇒この一族でなんとかGⅠ奪取を。京王杯AH⇒展開不向き関係なし。セントウルS⇒ケチがつかないレース結果を見せる。【紫苑S】【京王杯AH】【セントウルS】[注目馬]

どんな事でもニュートラルに物事を見れるように意識しながら進んでいるさくらもり(@sakura3_dishman)です。

「努力は必ず形になる。原因を他者に求めても前に進めない」をモットーに生きています。

 

本日もブログに訪問いただきありがとうございます。 

 

今日は、久しぶりに注目馬について記事を書いていこうと思います。

時間の関係で予想と抱き合わせで書いたりしており久しぶりの単独記事になります。

 

紫苑S/京王杯AH/セントウルS関連記事

www.sakuramori18.comwww.sakuramori18.com

 

 

紫苑S 京王杯AH セントウルS 有力馬診断

 

f:id:sakuramamoru2019:20190527145756p:plain

 

紫苑S 注目馬

 

クールウォーター

父:ディープインパクト 母:クロウキャニオン 母父:フレンチデピュティ 

 

兄弟は、レパードS勝ち馬であるボレアスを筆頭にNHKマイルで2番人気に押され問題騎乗により失格を喰らってしまったマウントシャスタ、弥生賞を勝ったカミノタサハラ、共同通信杯2着のベルキャニオン、チューリップ賞3着のラベンダーヴァレイなどGⅠ勝利こそ届いていないが、クロウキャニオンの子供は、クラシックで名前が挙がってくる馬が多い。

 

クールウォーターも新馬を勝ち上がり、大寒桜賞では後の青葉賞馬リオンリオンに0.2秒差の3着と結果を残しスイートピーSでは、6着だったがオークス2着のカレンブーケドールから0.4秒差なのでクラシック級に負けずに走っている。

 

春の手応えがあったからこそ夏は休養に当ててこの舞台に駒を進めてきているものだと思う。ちょっと足りない部分がある血統だが、トライアルレースなどでは一発を十分秘めているのでここでの好走はあり得ると踏んでいる。

 

京王杯AH 注目馬

 

ロードクエスト

父:マツリダゴッホ 母:マツリダワルツ 母父:チーフベアハート

 

脚質的に開幕の馬場が歓迎とはとても言えないが、前走の関屋記念で久しぶりに上がり31.9をマークしミッキーグローリーに0.3秒と迫ったレース内容は、ここ数戦とは明らかに内容が異なる。

 

16年の京王杯AHの覇者であり、昨年もこの時期に好走(スワンS)と馬にとって合っている時期なのかもしれない。強力な3歳馬が出走してくるが3着なら十分狙うだけの力は今まだあるものと前走の結果から思っている。穴になるようなら狙って面白い。

 

セントウルS 注目馬

 

 カイザーメランジェ

父:サクラオリオン 母:サクラジュレップ 母父:サクラプレジデント

 

 

今年の函館SSは、薬物問題でダノンスマッシュの取り消しなどレース自体に疑問がついてしまっているのが現状だが、どんな形であれ函館SS覇者だけに今回のメンバーを見ると逃げの主張という部分でみればカイザーの速さに他がついてこれないと思う。

 

マテラスカイも出走予定でダッシュ力でハナをきりそうに写るが、やはりダートのダッシュ力と芝のダッシュ力では違うもの。鞍上も逃げにこだわるなら絶対にハナは譲らないタイプの江田照だけに多少流れが速くなってもハナ主張はこちらだろう。

 

武VS江田の逃げ争いならベテラン同士だけに激流はないだろう。もし、ベテラン両名に火がついてしまったら仕方ない

 

先行有力馬は、ミスターメロディだけでありタワーオブロンドンやアンヴァル、ダイメイプリンセスなどはこぞって後方からの競馬になりがちになるのでミスターメロディが休み明けで鈍れば逃げ馬が残る流れになる。であれば函館SSの勝ち馬が薬物問題を払拭して重賞をどうどう勝利という事も絵的にはありだと思っている。

 

3重賞の注目馬として3頭を紹介しました。最終的にどう予想に組み込むかは予想の記事を見ていただければと思います。

  

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

「頼まれ事は試され事」

この言葉で本日も閉めさせていただきます。さくらもり(@sakura3_dishman)でした。