ナノミリ進化論®️

30代後半の3児の父です。気づけば競馬暦も20年となり競馬の歴史だけは詳しくなりました。心理学や脳科学についても勉強しておりそれについても発信しております。誰かに何かの約に立つブログになるよう日々精進していますのでよろしくお願いします。

血統傾向的に紫苑S⇒混戦、京王杯AH⇒ヒモ荒れの可能性、セントウルS⇒順当かもしれない。【紫苑S】【京王杯AH】【セントウルS】[血統傾向]

どんな事でもニュートラルに物事を見れるように意識しながら進んでいるさくらもり(@sakura3_dishman)です。

「努力は必ず形になる。原因を他者に求めても前に進めない」をモットーに生きています。

 

本日もブログに訪問いただきありがとうございます。 

 

今日は、各重賞の血統傾向について調べてまとめていきたいと思います。

3重賞でトライアルや前哨戦が盛り沢山となかなか手を焼くレースが重なっていますが、今週もなんとか的中を手にできるように最善は尽くしていきます。

 

紫苑S/京王杯AH/セントウルS関連記事

www.sakuramori18.com

 

 

紫苑S 京王杯AH セントウルS 血統傾向

 

f:id:sakuramamoru2019:20190709123609p:plain


 

紫苑S 血統傾向

~母父血統傾向~

■ サンデーサイレンス(SS)

■ マキャヴェリアン(ミスプロ)

■ アカテナンゴ(ハンプトン)

■ ファスリエフ(ヌレイエフ)

■ ケープクロス(ダンチヒ)

■ スペシャルウィーク(SS)

■ エーピーインディ(エーピーインディ)

■ ストームキャット(ストームキャット)

■ クロフネ(ヴァイスリージェント)

 

~母母父血統傾向~

■ ブレイヴェストローマン(ネヴァーベント)

■ ヌレイエフ(ヌレイエフ)

■ ベーリング(ネイティヴダンサー)

■ カルドゥン(グレイソヴリン)

■ ミスプロ(ミスプロ)

■ マキャヴェリアン(ミスプロ)

■ クワイエットアメリカン(ファピアノ)

■ アファームド(レイズアネイティヴ)

■ サンデーサイレンス(SS)

 

~クロス血統~

■ ノーザンダンサー 4×5

■ ヘイロー 3×4×5

■ ノーザンダンサー 5×4 [2]

■ ナタルマ 5×5

■ リファール 4×5

■ ノーザンダンサー 4×4

■ ノーザンダサンー 5×5 [2]

■ ノーザンダンサー 5×5×5 [2]

■ ヘイロー 4×5

■ スペシャル 4×5

■ ミスプロ 4×5

■ バックパサー 5×5

 

紫苑S血統特徴

非常に狭いゾーンで見るとマキャヴェリアンの血が入っている馬。系統だとヌレイエフの血統が好走傾向にありクロスに関しては、ノーザンダンサーの5×4、5×5、5×5×5が好走。

 

マキャヴェリアンの血を内包

⇒ 該当なし

 

ヌレイエフの系統

⇒ エアジーン、フェアリーポルカ

 

ノーザンダンサー5×4、5×5、5×5×5のクロスを持つ馬

⇒ アップライトスピン(5×5)、ウエスタンランポ(5×5)、クールウォーター(5×5×5)、グラディーヴァ(5×5)、トーセンガーネット(5×5)、フィリアプーラ(5×5×5)、フェアリーポルカ(5×4)、レオンドーロ(5×5)、レッドベルディエス(5×5)

 

ノーザンダンサーのクロスに関しては、やはり頭数が多い。

そして、気づいたのがクロフネの血を内包している馬が多いという事。

 

トライアルだけに荒れる可能性が高いので血統でひっかかってくる馬が押さえておけば穴は拾えるだろう。

 

京王杯AH 血統傾向

 

~母父血統傾向~

■ アンブライドルズソング(ファピアノ)

■ カーリアン(ニジンスキー)

■ チーフベアハート(ダンチヒ)

■ エリシオ(フェアリーキング)

■ ザフォニック(ミスプロ)

■ ダイナフォーマー(ロベルト)

■ マキャヴェリアン(ミスプロ)

■ ファルブラヴ(フェアリーキング)

■ ホワイトマズル(リファール)

 

~母母父血統傾向~

■ ジェネラルミーティング(シアトルスルー)

■ ウッドマン(ミスプロ)

■ リアルシャダイ(ロベルト)

■ サンデーサイレンス(SS)

■ バックファインダー(トムフール)

■ フレンチデピュティ(ヴァイスリージェント)

■ ダンチヒ(ダンチヒ)

■ ピストレブルー(ハイトップ)

■ トニービン(グレイソヴリン)

 

~クロス血統~

■ ヘイルトゥリーズン 3×5

■ ノーザンダンサー 4×5

■ ヘイルトゥリーズン 4×5

■ ノーザンダンサー 5×5[2]

■ ボールドルーラー 5×5

■ ノーザンダンサー 5×5×4×5

■ スペシャル 5×5

■ ヘイルトゥリーズン 4×4

■ ヘイロー 3×4

■ ノーザンダンサー 5×4

■ ナタルマ 5×5

■ リファール 4×4

■ ノーザンダンサー 5×5×5

 

京王杯AH血統特徴

珍しいのがフェアリーキングの系統が走っている点。これは注目しておいてよさそうだが、問題は出走馬に該当馬がいるか否か。クロスは、ノーザンダンサーの5×5に加えてヘイルトゥリーズンのクロスは全般的にマークしておく必要がある。

 

フェアリーキングの血が内包している馬

⇒ 該当なし

 

ノーザンダンサー5×5のクロスを持つ馬

⇒  ヒーズインラブ、ロードクエスト

 

ヘイルトゥリーズンのクロスを持つ馬

⇒ クリノガウディー、シュウジ、ジャンダルム、ロードクエスト

 

やはりフェアリーキングの血を母系に内包している馬は存在せず。しかしながら、ヘイルトゥリーズンとノーザンダンサーの5×5のクロスを持っているロードクエストがいた。ロードクエストは、6歳で近走良いところがなかったが前走久しぶりに31秒台の末脚を使い勝ち馬(ミッキーグローリー)と0.3秒差なら可能性はある

 

セントウルS 血統傾向

 

~母父血統傾向~

■ タマモクロス(グレイソヴリン)

■ サンデーサイレンス(SS)[2]

■ キングマンボ(キングマンボ)

■ オース(フェアリーキング)

■ マークオブエスティーム(ミルリーフ)

■ ジャイアンツコーズウェイ(ストームキャット)

■ マイネルラヴ(ミスプロ)(シーキングザゴールド系統)

 

~母母父血統傾向~

■ ブレイヴェストローマン(ネヴァーベント)

■ ダンチヒ(ダンチヒ)

■ サドラーズウェルズ(サドラーズウェルズ)

■ トニービン(グレイソヴリン)

■ オグリキャップ(ネイティヴダンサー)

■ ロイヤルアカデミーⅡ(ニジンスキー)

■ シーキングザゴールド(ミスプロ)

■ タヤスレミグラン(ノーザンダンサー)

 

~クロス血統~

■ ノーザンダンサー 5×4[2]

■ セクレタリア 5×4

■ ザブリッジ 5×4

■ ノーザンダンサー 4×5×4

■ スペシャル 5×5[2]

■ サッチュ 5×5

■ ノーザンダンサー 5×5×5

■ シャーペンアップ 5×4

■ ノーザンダンサー 4×5

■ ノーザンダンサー 5×5

■ セクレタリア 5×5

■ シリアンシー 5×5

 

※ファインニードルが連覇してるので重複するデータは除外としました。

 

セントウル血統特徴

系統ではグレイソヴリンの血が内包されていると近年は好走できる。個別血統ならシーキングザゴールドの血が良い。クロスに関しては、ノーザンダンサー5×4とスペシャルの5×5を持つ馬が良い。

 

グレイソヴリン系統馬

⇒ キャプテンペリー、モーニン

 

シーキングザゴールドの血を持つ馬

⇒ キングハート、ラブカンプー(※キングハートとラブカンプーは兄弟)

 

ノーザンダンサー5×4のクロスを持つ馬

⇒ カイザーメランジェ、タワーオブロンドン、ミスターメロディ

 

スペシャルの5×5のクロスを持つ馬

⇒ 該当なし

 

混戦と見ているセントウルSだが、血統傾向でタワーオブロンドンとミスターメロディの名前が挙がるのを見ると素直に従う方が賢明のような気がしてきた。3着争いという部分で荒れる要素を含んでいる可能性があると見るか。

 

 

以上が血統傾向のデータとなります。過去を遡れば遡るほど精度が上がるのかそえとも混迷するのかいつも悩みますが、基本的に近3年ベースで振り返るようにしています。

 

数を増やすと良い部分と悪い部分が出てきて外れ値的なものが意外性のあるもののように映ってしまうと予想がおかしくなるのでこれくらいで良いかなと自身は思っています。

 

 

 

  

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

「頼まれ事は試され事」

この言葉で本日も閉めさせていただきます。さくらもり(@sakura3_dishman)でした。