ナノミリ進化論®️

30代後半の3児の父です。気づけば競馬暦も20年となり競馬の歴史だけは詳しくなりました。心理学や脳科学についても勉強しておりそれについても発信しております。誰かに何かの約に立つブログになるよう日々精進していますのでよろしくお願いします。

2歳は血統よりも完成度?!キーンランドは血統だけなら混戦と出ております。【新潟2歳S】【キーンランドC】[血統傾向]

どーも。さくらもり(@sakura3_dishman)です。

 

本日もブログに訪問いただきありがとうございます。

 

本題に入る前に昨日深夜行われて予想をしましたインターナショナルSの結果だけ報告します。

 

インターナショナルS予想記事

www.sakuramori18.com

 

えー。結果は…。

f:id:sakuramamoru2019:20190626144155p:plain

不的中…

 

1着 [○]ジャパン

2着 [◎]クリスタルオーシャン

3着 [無]エラーカム

 

追加登録料まで払って出走させてきたエラーカムはさすがです。

 

クリスタルオーシャンは、軽い馬場がどうかと言われていましたが、レースを見る限りその影響はなさそうに見えました。最後は、斤量の差が出たかなと勝手な予測をしています。

いずれにしても散りました…。無念…。

 

では、本題に戻ります。

 

今日は、新潟2歳SキーンランドC血統傾向について記事にしていこうと思います。皆さんの何かのお役にたてればと思います。

 

新潟2歳S キーンランドC 血統傾向

 

f:id:sakuramamoru2019:20190709123609p:plain

 

新潟2歳S 血統傾向

 

~母父血統傾向~

□ アグネスタキオン(SS)[2]

□ キャプテンスティーヴ(ダマスカス)

□ サンデーサイレンス(SS)

□ アウトオブプレイス(ターントゥ)

□ トニービン(グレイソヴリン)

□ チーフベアハート(ダンチヒ)

□ マムール(サドラーズウェルズ)

□ ハーツクライ(SS)

 

~母母父血統傾向~

□ スルーオゴールド(シアトルスルー)[2]

□ ダイナガリバー(ノーザンテースト)

□ ソーマレズ(レッドゴッド)

□ スターデナスクラ(ナスルーラ)

□ ディクタス(ファイントップ)

□ リアルシャダイ(ロベルト)

□ アシャカラニ(ヌレイエフ)

□ アレミロード(リボー)

 

~クロス傾向~

□ ノーザンダンサー 5×5×5

□ ノーザンダンサー 5×5

□ ヘイロー 4×3

□ ターントゥ 5×5

□ ノーザンテースト 3×4

□ ノーザンダンサー 4×5×5

□ ヘイルトゥリーズン 5×5

□ ヘイロー 4×5

□ ミスプロ 4×5

□ 5代までクロスなし[3]

 

母系の血統的な特徴というのは、如実なものはなくクロスに関してもクロスなしの馬の方がよく走っているという結果。

 

2歳戦だけに血統背景というよりも完成度の高さがやはりものをいう感じ。

 

しかしながら、ここまで調べて何もありませんというのも…なので意外と3着内の多いクロスなしの馬をピックアップしたいと思う。

 

5代までクロスなし該当馬

⇒ ペールエール

 

1頭だけ該当馬がいました。ダイワメジャー産駒で1400から1600に延長という形になるが、2歳戦なら気にしなくても大丈夫だと思う。そして、初戦よりも2戦目でさらにパフォーマンスをあげる傾向にあるダイワメジャー産駒というのも良いかもしれない。

 

キーンランドC 血統傾向

 

~母父血統傾向~

□ マーベラスサンデー(SS)

□ キングマンボ(キングマンボ)

□ サクラバクシンオー(プリンスリーギフト)

□ モアザンレディ(ヘイロー)[2]

□ ジャングルポケット(グレイソヴリン)

□ サンデーサイレンス(SS)

□ ケープクロス(ダンチヒ)

□ ハードスパン(ダンチヒ)

 

~母母父血統傾向~

□ ジェイドロバリー(ミスプロ)

□ シルヴァーホーク(ロベルト)

□ アンブライドルド(ミスプロ)

□ パインブラフ(ダンチヒ)[2]

□ カーリアン(ニジンスキー)

□ ミスワキ(ミスプロ)

□ セルカーク(ネイティヴダンサー)

□ クリスエス(ロベルト)

 

~クロス傾向~

□ ミスプロ 3×4

□ ノーザンダンサー 5×5×5[2]

□ スペシャル 5×5

□ リファール 4×5

□ ヘイルトゥリーズン 5×5

□ ノーザンダンサー 5×5[2]

□ ヘイロー 3×4×5[2]

□ ノーザンダンサー 4×5×5[3]

□ ミスプロ 5×5[2]

□ ナスクラ 5×5[2]

□ ノーザンダンサー 3×5

□ ヘイルトゥリーズン 5×4

□ アルマームード 5×5

□ ミスプロ 4×4

□ ノーザンダンサー 5×4

□ ロベルト 5×4

 

母系では、ダンチヒとミスプロの血を内包している馬にアドバンテージがあるように映る。クロスに関しては、ノーザンダンサーの5×5×5や4×5×5などのパワー寄りのクロスを持つ馬に好走する力がある。

 

ダンチヒとミスプロの血が内包している馬

⇒ アスターペガサス、クリーンファンキー、シュウジ、セイウンコウセイ、タイムトリップ、ダノンスマッシュ、デアレガーロ、ナックビーナスペイシャフェリシタ、リナーテ

 

ノーザンダンサー重厚クロス持ち馬

⇒ サフランハート(5×4×5)、ダイメイフジ(5×5×4)、ナックビーナス(4×5×5)、ハッピーアワー(5×5×5)、ペイシャフェリシタ(5×5×5)、ホープフルサイン(5×5×5)、ライオンボス(5×5×5)

 

えー。

収集がつかないくらいくらいのデータ。

 

重複しているのは、過去に好走実績のあるナックビーナスとペイシャフェリシタの2頭。

 

ナックビーナスの目標はスプリンターズSであり、直行でGⅠに行くよりも一度使う事が理想となるのでここは7割程度の仕上げではないかと思っている。そして、ペイシャフェリシタに関しても近走3着内というような結果はないものの着差はそこまで開いていないのでもし予想のようなオッズであれば買うだけの価値は大いにありだと思う。

この人気なら私は迷いなく買い目にはいれます。

 

血統だけみると混戦と見える。ダノンスマッシュは確かに強いがちょっとした事でもしかすと大きく着順が入れ替わるくらい微妙なレースになりうる可能性もあるのではないかと思っています。

 

ずらずれと書いてしまいましたが、この中で見ている人にとって役に立つようなデータがあればと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。