ナノミリ進化論®️

30代後半の3児の父です。気づけば競馬暦も20年となり競馬の歴史だけは詳しくなりました。心理学や脳科学についても勉強しておりそれについても発信しております。誰かに何かの約に立つブログになるよう日々精進していますのでよろしくお願いします。

気圧の変化で振り回される恐ろしい疾患…。その名も気象病。【気象病】

こんにちは、さくらもり(@sakura3_dishman)です。

 

今年は、やっと梅雨が明けそうですが、気圧の変化が酷すぎて気象病で苦しんでいる人が多いと思います。

 

f:id:sakuramamoru2019:20190724103012p:plain



 私もこの気象病に苦しめられる一人です。

 

気象病とは

 

1.気象病とは

2.私のケースと対処法

3.現代病ではない

 

 

1.気象病とは

 

最近は、テレビなどでも徐々に騒がれだした気象病。

海外では、天気予報に気圧の変化による気象病の注意報なども流れているほど認知されている病気の一つです。

 

そもそも気象病とは、どんなものなのか?と疑問に思う人も多いと思います。

 

低気圧が接近すると頭痛や吐き気、神経痛、倦怠感などの不快な症状が起こることを指します。

 

症状だけ見ると対した事がないように見えますが、時として命を奪う可能性も秘めている病気なんだそうです。

 

2.私のケースと対処法

 

私の場合、頭痛は稀で吐き気とトイレが頻繁になる。時々神経痛(肋間神経痛のような肩甲骨の痛み)という症状が出ます。

 

症状が出るのは、気圧が大きく変化する直前とかではなく主に2日前などちょっとフライング気味に来るケースが多いです。

自律神経系にも影響を及ぼすので持病にも影響が出ます…。

 

私の対処方法としては、

 

「葛根湯を1錠服用」

 

 

【第2類医薬品】葛根湯エキス顆粒Sクラシエ 12包

【第2類医薬品】葛根湯エキス顆粒Sクラシエ 12包

 

 

 

という事をするとよくなる事が多いです。

 

多分、体が温まる事で改善されるのだと思います。

気象病はお風呂に入ることで改善するとも言われているので理には叶っていると思います。血行が良くなると解消すると言われているのでふくらはぎを鍛えるのも良いとされています。

 

皆さんは自分の住んでいる地域の平均気圧などを調べた事はありますか?

 

私は、どんなタイミングでこの症状が起こるのか調べるために日々記録をとったりしました。ふと、ベースとなる気圧が気になり気象庁から自分が住んでいる県(長野県)の年間平均気圧というものを調べました。

 

長野県の場合、1年間通して1014hpaが平均くらいでした。

 

それより高ければ高気圧。

低ければ低気圧という勝手な定義を組み調査をしました。

 

結果として…。

平均を知る事はよかったのですが、それと症状の関連性はありませんでした。

 

日々のデータから1日の気圧差が10hpaというのがやはり症状が一番出やすく、且つ私の場合は、寒暖差アレルギーもあるのでそれに加えて10℃の気温変化が重なるともう手も足も出ないくらいにやられます。

 

なので今の時期は壮絶な状況です…。

 

 

天気痛 つらい痛み・不安の原因と治療方法 (光文社新書)

天気痛 つらい痛み・不安の原因と治療方法 (光文社新書)

 

 

 

3.現代病ではない

 

気象病は、なると本当に厄介です。辛いです。

 

気圧の変化が激しい季節の変わり目などは心身ともにダメージが出るので本当に疲れます。

しかし、この気象病という症状は、現代の病気ではないのです。

 

人間は、低気圧の時は心拍数が遅くなり活動力が落ちます。逆に高気圧になると心拍数が早くなり活動力が上がります。

 

これは、昔から変わらない人間の特徴です。

 

高気圧は、基本的に晴れますので狩りなどに向いているので活動力を上げます。

逆に低気圧は天気が崩れ命の危険が伴うので活動力を落としてじっとしているようになっています。

 

今の時代結構の人数が気象病の対象となっていると聞きますが、当然といえば当然なのです。

 

時の流れの中で気圧に敏感でない人は、低気圧だろうが外に出てリスクをもって行動をし結果として命を落とすケースが増える。逆に気象に敏感な人は活動しないのでリスクがなくなり命を守る事ができる。

 

この積み重ねをしていくと気象に敏感な人が残り気象病となる人が多くなるのも必然と言えます。

 

人間の命を繋げるための機能が今なおきちんと機能していると思うと凄い事だと思いますし、症状などは嫌ですがそれが命を守るための事と思うと非常に考え深いものがあります。

 

なので気象病で苦しむ人(自分も含めて)マイナスな事ばかり思うのではなくこれが人間として正常な機能として見てあげる。体調が悪い時は、命を守ろうとしていると思いながら生活していきましょう!!

 

とは言っても気象病は苦しいのですけどね…。