ナノミリ進化論®️

30代後半の3児の父です。気づけば競馬暦も20年となり競馬の歴史だけは詳しくなりました。心理学や脳科学についても勉強しておりそれについても発信しております。誰かに何かの約に立つブログになるよう日々精進していますのでよろしくお願いします。

【函館2歳ステークス】血統的に無視はできない馬がいる。[注目馬]

「努力は必ず形になる。原因を他者に求めても前に進めない。」

 

をモットーに日々ナノでもミリでも前進している桜守(@sakura3_dishman)です。

 

本日もブログをみていただきありがとうございます。

 

今日は、

 

「妥当?無謀?それでも俺の注目馬」

 

についてです。

 

函館2歳ステークス 注目馬

 

f:id:sakuramamoru2019:20190527145756p:plain

 

「妥当?無謀?それでも俺の注目馬」

ビアンフェ

父:キズナ 母父:サクラバクシンオー 母母父:アンブライドルド

 

可能性があるのは、この馬だと思う。

新種牡馬であるキズナの産駒の特徴に関しては、まだまだ未知な部分が多いが1200にも対応している上に先行してきっちり脚も使えるので上位との差はないと思っている。

 

母であるルシュクルも函館2歳Sに駒を進めたが、6着と結果を残す事ができなかった。

しかしながら、函館は4戦して3連対(1回の着外は函館2歳)という実績を残している。

兄弟であるブランボヌールは、函館2歳ステークス勝ち馬であり、アフランシールも函館で新馬勝ちしている。

血統のベースとしてもレース内容としても十分上位とやれるだけの資質を秘めておりここは、多少人気が陰るので馬券的にはチャンスだ!

 

プリモジョーカー

父:スズカコーズウェイ 母父:アサティス 母母父:トウショウボーイ

 

地方馬は、函館2歳よりも札幌開催のすずらん賞で買える時がほとんどだが、近年の函館2歳では、4着など馬券までもう一歩まで結果を残している。

明らかに岩田を配しているバブルガムダンサーの方が地方馬としては、有力視されますが、この馬はすでにバブルガムダンサーを倒し勝負付けは済んでいます。

血統的にもトウショウボーイ(プリンスリーギフト)を内包しているので、好走できる下地はあるのではないかと思っています。父がストームキャットで母父がアサティスだけを見るとバリバリのダート馬に見えますけどね。走らなかったらダート馬でしたって事で。

 

以上2頭を注目馬として推奨したい。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

今週の記事一覧

 

競馬編

 

www.sakuramori18.com

www.sakuramori18.com

www.sakuramori18.com