ナノミリ進化論®️

30代後半の3児の父です。気づけば競馬暦も20年となり競馬の歴史だけは詳しくなりました。心理学や脳科学についても勉強しておりそれについても発信しております。誰かに何かの約に立つブログになるよう日々精進していますのでよろしくお願いします。

【函館2歳ステークス】ここから始まる2歳の重賞ロード[有力馬診断][血統診断][仮説立て]

世界的な異常気象ですね。昨年の今頃は40度近くいくような気温でしたが、今年は、20度とか本当に異常気象ですね。

ここ数日は、本当に体調がおかしい桜守(@sakura3_dishman)です。

 

本日もブログにお越しいただきありがとうございます。

 

今週は、1重賞⇒2重賞に戻りますね。

 

第51回 函館2歳S(GⅢ) 函館芝1200m

第67回 中京記念(GⅢ) 中京芝1600m

 

が行われます。

 

今日の記事は、2歳で初めて行われる重賞である函館2歳Sの有力馬と血統傾向について記事を書いていこうと思います。

 

函館2歳S 有力馬診断 血統傾向

 

函館2歳S 有力馬診断 簡易版

と言っても新馬勝ちからの2戦目で迎える馬が多いだけに人気の基準がと新馬戦の内容と血統背景…。情報がすっきりくっきりだけど、その分有力馬と見るのが難しい。

とりあえず1頭を挙げるなら

 

レッドヴェイパー

新馬戦で破った2着のケープゴットが次走で0.9秒差のぶっちぎりで勝っているからことから1回叩いた今回更にパフォーマンスを上げてくる可能性大。

 

函館2歳S 血統傾向

 

~父血統傾向~

□ パイオニアオブザナイル(ファピアノ)

□ キンシャサノキセキ(SS)×2

□ ロードアルティマ(ミスプロ)

□ アイルハヴアナザー(ミスプロ)

□ ダイワメジャー(SS)

□ マツリダゴッホ(SS)

□ ジャイアンツコーズウェイ(ストームキャット)

 

~母父血統傾向~

□ ゴーストザッパー(ヴィスリージェント)

□ サクラバクシンオー(プリンスリーギフト)

□ ホークアタック(ロベルト)

□ ディラントーマス(ダンチヒ)

□ フジキセキ(SS)

□ トワイニング(ミスプロ)

□ ショウナンカンプ(プリンスリーギフト)

□ トリッピ(ミスプロ)

 

~母母父血統傾向~

□ ダイナフォーマー(ロベルト)

□ ハート(ノーザンダンサー)

□ シャーディー(ダンチヒ)

□ ゴーンウエスト(ミスプロ)

□ ニジンスキー(ニジンスキー)

□ クロフネ(ヴァイスリージェント)

□ ハウスバスター(レッドゴッド)

□ ゴールドフェイバー(ミスプロ)

 

f:id:sakuramamoru2019:20190709123609p:plain

 

仕上がりが早く1200の洋芝への適正が高いフジキセキの系統が走るという印象があるが、ここ3年で3頭が馬券内に絡んでいることから悪くはない数字ではある。

 

フジキセキの系統

⇒ レッドヴェイパー

 

のみですね。

 

ミスプロ系も走るのですが、馬場の悪化もありえそうなのでちょっと割引たい血統となる。

 

函館2歳S 有力馬診断 詳細版

 

f:id:sakuramamoru2019:20190527145800p:plain

 

レッドヴェイパー

父:キンシャサノキセキ 母父:フレンチデピュティ 母母父:ポッセ

 

唯一のキンシャサ産駒であり新馬で負かした相手も順調に勝ちあがっていることからレベルも疑わなくてもよさそう。

 

しかしながら、不安な点もある。 

兄弟が重賞を勝つような結果を残していないという点。

 

そこからとある仮説を立ててみた。

レッドヴェイパーに対する仮説

f:id:sakuramamoru2019:20190711105618p:plain

 

 

レッドヴェイパーの仮説

兄弟は、早い段階で初勝利を挙げやすい傾向にある。だが、その後の成績がパッとしていない。その傾向は、レッドヴェイパーにも該当する事であり、もし函館2歳Sで凡走するようならその後も尻すぼみの成績になるのではないかという見立て。

 

 本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

今週の記事一覧

 

競馬編

 

www.sakuramori18.com