ナノミリ進化論®️

30代後半の3児の父です。気づけば競馬暦も20年となり競馬の歴史だけは詳しくなりました。心理学や脳科学についても勉強しておりそれについても発信しております。誰かに何かの約に立つブログになるよう日々精進していますのでよろしくお願いします。

【函館記念】カッチースマイル炸裂!鬼神のカツハル[レース結果]

もう暇があれば草取りをしないとこの雨のお陰ですぐに成長してホトホト困っている桜守(@sakura3_dishman)です。

 

雑草恐ろしい…。というか雑草と言えば何をイメージしますか?

 

私は、上原!

 

上原は、雑草魂なんですけどね…。まぁ、いいか。

 

本日もブログに来ていただきありがとうございます。

 

今日は、函館記念についてのレース結果および仮説の答え合わせをしようと思います。

 

函館記念 レース結果 仮説に対する検証結果

 

函館記念 レース結果

函館記念の予想記事はコチラ

www.sakuramori18.com

 

1着 [△]④マイスタイル    1.59.6  35.9

2着 [△]⑥マイネルファンロン 1.59.6  35.6

3着 [△]⑩ステイフーリッシュ 1.59.9  35.3

 

◎①レッドローゼス ⇒ 6着(2番人気)

○⑭ナイトオブナイツ ⇒ 8着(6番人気)

▲⑧メートルダール ⇒ 7着(8番人気)

 

f:id:sakuramamoru2019:20190626144155p:plain

もう、

「だー!チクショー」とかのレベルではありません。

黄昏ですよ。黄昏…。

 

にしても久しぶりのカッチースマイル炸裂ですね。

 

カッチーの思い出と言えば、新潟競馬場で後藤のサイン会に参加した時にファンが集まっている中、室内の長椅子に寝転がっていたという負のイメージしかないです。

 

後藤とのファンとの温度差が凄すぎて

「直線追うのやめるんだからこのくらい笑顔でやれよ!!」

って思いましたね。笑

 

f:id:sakuramamoru2019:20190328123208p:plain

 

昨日のマイスタイルに関しては、自身のスタイルとは違い鬼神の如き追い方でしたね。

 

大体、カツハルさんが必死に追う時は、意地でも馬券内にねじ込んでくるので昨日の追い方だと間違いなく手応えが相当よかったんでしょうね。

 

そこそこのペースで引っ張って最後まであの粘り。強かった。そして、鞍上の気合も凄かった。

 

2着マイネルファンロンも一旦前に出ましたが、鬼神カツハルに丹内は飲まれましたね…。

 

3着ステイフーリッシュは、GⅢやGⅡでは、善戦する馬と有力馬診断でも書いたがその通りの結果。

 

土曜日からステイゴールドの血が走っていたので2、3着がステイゴールドの血そのままでしたね。だったらレッドローゼスが走ってこいよー。って思います。

蛯名は、函館記念1鞍とやる気は相当だったでしょうしレースも不利などもなく運びましたが、最後は力の差が出ましたね。

 

函館記念 仮説の検証結果

f:id:sakuramamoru2019:20190711105632p:plain

 

エアスピネル

 

エアスピネルの仮説

実績もない函館で復帰する理由が特に見当たらず。このレースは、実践調整のために使う可能性が高いという仮説

 

という仮説を立てた上で評価を下げたが、パドックの段階で馬体重は、プラス10キロ。この時点で仮説がほぼ当たっているのではないかという状態。

レースは、いつも通り先行したが結果として先行馬の中で一番粘れず13着と敗れた。ここから見える結論として…。

 

エアスピネルの検証結果

プラス10キロで出走してきた段階で仕上がりは7分あるかないかという状況。レース内容も先行する脚を見せただけで他は特に目立つ部分もない。函館記念は、実践を利用した調教と結論づける。よって次走は、エアスピネル本来の走りとなるだろう。

 

ナイトオブナイツ

 

ナイトオブナイツの仮説

昨年の北海道シリーズ後、テレンコを脱却し末脚が安定しレースの安定性が増した。この要因として6歳にして本格化したのではないかという仮説

 

 前残りの展開では、ナイトオブナイツのような末脚が武器の馬には、届かないのは仕方がない。あれを勝ち切れればすでに重賞の1つや2つ勝てている。4コーナーで10番手だったが、レース上がり3位となる35.4という脚を使った。とはいえ勝ち馬から1.2秒差は負け過ぎ。

ここから桜守がつける結論は…

 

 

ナイトオブナイツの検証結果

レースは、1.2秒差の8着だったが、末脚は安定して使えている事からやはり今は一番の充実期と見てよさそうだ。しかしながら、本格化したと言えどこの結果なのでこの先重賞でやっていくのは難しいと結論づける。しかしながら、末脚安定なので展開はまって馬券内というのは、OPならあり得るのでそこは考慮したい。

 

函館記念の馬券結果は散々だったが、得るものもあったのでそこはよかったかなと思う。

予想は、当たるに越したことはないが楽しむ事も大事である。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

今週の記事一覧

 

競馬編

 

www.sakuramori18.com

www.sakuramori18.com

www.sakuramori18.com