ナノミリ進化論®️

30代後半の3児の父です。気づけば競馬暦も20年となり競馬の歴史だけは詳しくなりました。心理学や脳科学についても勉強しておりそれについても発信しております。誰かに何かの約に立つブログになるよう日々精進していますのでよろしくお願いします。

【ラジオNIKKEI賞 注目馬】混戦だけに注目馬は多いです。出走が叶わないケースもあるのでね…。

今週は、土日も天候は冴えないまま過ぎるようですね。梅雨だからそうですよね。

ジメジメしているし身体にまとわりつく暑さ…。まだ、山県なのでこの程度なのでしょうが、海県だったらもっと湿度とかきついんでしょうね。そうであるならばこの程度できついとは言っていられないですね。海県の人すいませんと反省する桜守(@sakura3_dishman)です。

 

本日も閲覧いただきありがとうございます。最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

今日は、昨日に引き続きラジオNIKKEI賞の注目馬。「妥当?無謀?それでも俺の注目馬」を記事にしていこうと思います。

 

★ラジオNIKKEI賞 有力馬診断 血統傾向★

www.sakuramori18.com

 

ラジオNIKKEI賞 注目馬

 

「妥当?無謀?それでも俺の注目馬」

f:id:sakuramamoru2019:20190527145756p:plain

サヴォワールエメ

父:ダイワメジャー 母父:ピヴォタル 母母父:バイアモン

 新馬勝ちから2走目で阪神ジュベナイルへ挑戦し8着に負けたが、勝ち馬ダノンファンタジーとは、0.8秒差と2戦目で一線級相手でこの走りなら能力は高いと思う。

前走の白百合Sでは、積極的に逃げたが最後は先行勢に飲み込まれる形となった。敗因はあきらかに馬体重-10キロが響いたと見ていいだろう。

もともと馬体が大きい訳でもなく且つ新馬戦より細くなるのはちょっと…。今回は、遠征もあるので馬体が回復するのかネックになるが仕上げてくるでしょう。

鞍上(内田)もこの厩舎に関しては、必死にやるので今回は期待できそうだ。

ショーヒデキラ

父:ディープブリダンテ 母父:バゴ 母母父:パラダイスクリーク

正直、距離延長が良いかどうかは走ってみないとわからない部分はある。

しかし、血統的に1800が無理という事はない。脚質が逃げや先行なら厳しいケースも考えられるが差しという脚質なら距離のごまかしは利く。

この馬も早々に鞍上が津村予定という事で厩舎はきっちり仕上げてきている上に鞍上も期待はわかっているだろう。

 

ブラッドストーン

父:ローズキングダム 母父:ファンタスティックライト 母母父:ソヴィエトスター

 夏木立賞では、逃げて3着。

逃げるという脚質でここ2走結果を残した事で自身の脚質は、逃げてこそというのが現状ベストなんだろう。

当然、今回このレースに出走するのであれば逃げを打つだろう。東京の2000で長い直線よりも小回り1800。さらには、開幕週という事で条件は前走よりもかなり好転。

同型に強力な馬が存在するが、人気薄に引っ張られて失速を恐れる有力馬なら番手という手段も十分ありうる。そうなればブラッドストーンが逃げる事も可能と見ている。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

 


中央競馬ランキング

 

今週の記事一覧

 

★CBC賞 有力馬診断 血統傾向★

www.sakuramori18.com

 

★ラジオNIKKEI賞 有力馬診断 血統傾向★ 

www.sakuramori18.com

 

★CBC賞 注目馬★ 

www.sakuramori18.com