ナノミリ進化論®️

30代後半の3児の父です。気づけば競馬暦も20年となり競馬の歴史だけは詳しくなりました。心理学や脳科学についても勉強しておりそれについても発信しております。誰かに何かの約に立つブログになるよう日々精進していますのでよろしくお願いします。

【ユニコーンS レース結果/回顧 2019】さすが騎手クラブ副会長!昨日きっちり謝罪してからの重賞勝利!騎手クラブがなぜ謝罪するのか疑問だが…。

JRAの禁止薬物問題もさることながら大阪で警察官を刺して拳銃を奪うという事件が起きた。これは、拳銃を奪う事が目的だったのであれば刺された警官は可哀想だ。犯人の顔も出ていたが、あの写真も確定ではなく警察署の前を何回か往復していたからという理由から犯人として指名しているのだろうが、普通に考えればその行動は明らかにおかしいので犯人として指名されるのもわかるが、もし違った場合どうなるのだろうかとも思った桜守です。最近の事故や今回の事件などを見てわかるとおり日本は安心安全というのももう過去の事だろう。まぁ、今後は移民の受け入れもあるだろうし刻々と時代は進むね。

 

本日も閲覧いただきありがとうございます。最後までお付き合いいただければと思います。

 

色々落ち着かない状況下で行われたユニコーンSですが、函館スプリントと違い有力馬の除外もなく2頭減っただけで済んだという事であまり難癖つけられずにレースができたことはよかったですね。

 

◆ ユニコーンS レース結果/回顧 ◆

 

■ ユニコーンS レース結果… ■

ユニコーンSの予想記事はコチラ↓

www.sakuramori18.com

 

☆購入馬券☆

f:id:sakuramamoru2019:20190616174658j:image

 

そして…ひらめいた馬券も…

 

f:id:sakuramamoru2019:20190616174702j:plain

 

なんていう閃きだ。当初閃いたのは、1着2着に①⑧で3着に②③④⑪⑭の三連単で購入しようと思ったが…。悪い流れの時は、悪魔が囁く…。「頭を別の馬がはねる可能性があるよ」と。もう、この思考はダメなやつね。結果の馬券がこれさ。

 

f:id:sakuramamoru2019:20190418140656p:plain

自分の欲深さという思考に食われた。

 

1着  △①ワイドファラオ    1.35.5  37.1(上がり3位)

2着  ◎⑧デュープロセス    1.35.5  36.5(上がり1位)

3着  無⑪ダンツキャッスル   1.36.0  37.3

 

本命としたデュープロセスは、きっちり連対したが、対抗のデアフルーグは…。

 

■ ユニコーンS レース回顧… ■

f:id:sakuramamoru2019:20190328123208p:plain

勝ったワイドファラオは、血統もさることながら騎手も厩舎もダートを走らせたらとんでもないと以前から言っていたようだが芝で思わぬ好走が続き初ダートがユニコーンSって自信がなければ出走させないよね。1枠1番も味方した上にスタートも芝スタートだったのでダッシュもついて先手は簡単に取れた。楽なペースで運んでいはいないが実績がある馬だけにある程度のペースで走っても最後まで粘れる。まるでメイショウボーラーのようだった。まぁ、鞍上が福永でダートでも良いところまでいけそうな器だけに色々シンクロする部分があってそう感じるのだろう。距離は、マイルくらいまでが一番能力を発揮できそうだ。距離延長が決してマイナスとは言わないがプラスとは言えないかなぁというのが現状の評価。

2着のデュープロセスは、最後しっかりギアが入ってレース上がり1位と力を見せた。勝った馬も上がりをまとめてきているので負けた。ただ、力云々というレースではなく位置取りや馬場という事を考えると勝ちに等しい2着。この世代のダート路線では上位の存在は変わらない。

3着のダンツキャッスルは、未勝利、500万と逃げて最速の上がりを使えるという異常な能力を持っているが今回の短縮とメンバー構成的に正直どこまでやれるかわからなかった。基本的に逃げて勝ってきている馬は、いきなりもまれると急に脆さを出す。ワイドファラオの存在があったのでハナを切れる可能性が低く馬群に飲まれた際にどっちに転ぶかわからないという事で軽視した。直線、一旦後退したのでここまでかと思ったが脅威のファイトバックを見せて3着。逃げて上がり最速の脚は伊達ではなかった。そして、逃げ馬としての必要な能力である根性は凄いものを感じた。ダンツの馬ってしぶといイメージがあるけどこの馬もそんな感じ。

 

1番人気で敗れたデアフルーグに関しては、レース後の津村が「理由がわからない。疲れかな」という曖昧なコメントのため敗戦の理由が明確ではない。馬場が合わなければ鞍上も馬場の影響を口にするだろうが乗っている感じそこまで馬場が影響という風には思わなかったのだろう。

綺麗な競馬よりも馬群を縫うような競馬で力を発揮するタイプなのか。

これで放牧に出すのかどうかはわからないが、本当に疲れが原因なら放牧で秋に向けて静養するだろうがどうなるか。今後の出走で疲れか別の理由か確認するしかない。

 

今週は、JRAでまさかの禁止薬物騒動。それも特定の厩舎でとかではなく競馬村全体が対象というとんでもない規模の問題。体内消失まで10日かかるとの事で来週まで影響する可能性も残しているので早めに収束することを願っております。

 

今週も皆さん健康に気をつけて1週間過ごしましょう。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

弱虫ペダル Re:ROAD

弱虫ペダル Re:ROAD

 
弱虫ペダル Re:RIDE

弱虫ペダル Re:RIDE

 

 


中央競馬ランキング

 

[今週の記事一覧]

 

★函館スプリントS 予想★

www.sakuramori18.com

 

次回更新内容:重賞 有力馬診断