ナノミリ進化論®️

30代後半のおじさんです。競馬暦は今年で20年目。予想ファクターに関しては、レースレベルの比較と血統を考慮して馬の選択をしています。基本穴党。馬券は基本的に三連複とワイドが主体!!競馬の記事が大半ですが、時々脳科学や心理学などの真面目の話も稀にします。

【函館スプリントステークス 注目馬】デアレガーロ疲労著しくて回避だってさ…。マジかよ。注目馬だったのに…。なら思い切った馬にしよう。そうしよう。

 連日、メディアは交通事故のニュースばかりだが、交通事故が多くなっただけなのかそれとも今までピックアップしていなかったが、池袋の事件からピックアップしているだけのなのか?どちらなんだろうと素朴な疑問を抱く桜守です。

 

本日も閲覧いただきありがとうございます。最後までお付き合いいただければと思います。

 

今日は、函館スプリントの注目馬「妥当?無謀?それでも俺の注目馬」のコーナーです。

有力馬診断については下記の記事を見ていただければと思います。

 

★函館スプリントS 有力馬診断 血統傾向★

 

www.sakuramori18.com

 

 

◆ 函館スプリントステークス 注目馬 ◆

 

■ 「妥当?無謀?それでも俺の注目馬」… ■

f:id:sakuramamoru2019:20190527145756p:plain

 

■ デアレガーロ ■

父:マンハッタンカフェ 母父:スーヴェニアコピー 母母父:アレッジド

 

マンハッタンカフェ産駒は、函館スプリントでも好走しています。洋芝適正が高い事に加えて父とは違い距離は短めの方が好走する産駒が多いというのも印象として多いです。菊花賞勝ち馬であるダンスインザダークなどもそうだが産駒は意外と短いところで好走する馬が多いという不思議。ダンスインザダークに関しては、産駒特徴として集中力が乏しく距離の短縮や馬場の悪化など変化した状況で走るというへんな癖があります。マンカフェ産駒にそんな特徴はありませんがもしかすと集中力という部分では似ているのかもしれません。デアレガーロは、ここでも十分通用の器と見ている。前走の高松宮でも追い込んでの5着で今回人気を集めているダノンスマッシュと0.3秒差だけに力差はそこまでない。そして、有力馬診断で函館と札幌では洋芝という適正で同じように見られるが適正違いのため函館好走、札幌凡走というケースがあると書いたがデアレガーロも函館では好走、札幌で凡走と明らかに函館向きの馬と判断する。夏は牝馬がここで発揮される時!!

 

⇒デアレガーロは、疲労が抜けずに回避となったとさ。非常に残念だけど疲労おして出走されても馬も馬券も困るから厩舎はよく決断した!英断だ!

 

■ サフランハート ■

父:アドマイヤオーラ 母父:カーネギー 母母父:ミスターシービー

 

7ヶ月の休み明けの前走(安土城S)では、まったく見せ場なく勝ち馬に1.4秒差を付けられての敗退。ただ、先行馬に厳しい流れの中を長期休養明けでよく粘った。そして、近走は、着順が着順だけに手を出しづらいように見えるが単純に距離が長い。

1400はサフランハートにとっては長い。このレースは、短縮組が結果を出す事が多いとも書いたがサフランハートにとっては、この短縮こそが好走の条件。

過去5走で2勝してるがすべて1200であり負けはすべて1400とわかりやすいくらい1200巧者の馬。函館に関しても実績があり今回近走の結果から人気を落とすようなら穴でも十分買える馬となる。

鞍上予定の勝浦もサフランハートで2着、3着、4着と手が合っている上にそれが函館と札幌というのも好走の下地とみる。

予想オッズは、14番人気。なくはない!つまり、あり!

 

■ シュウジ ■

父:キンシャサノキセキ 母父:キングマンボ 母母父:シルヴァーホーク

 

ダートから芝に戻ってくるシュウジ。キンシャサノキセキ産駒は、芝ダート兼用の馬が多いのでダート⇒芝であっても芝⇒ダートであっても買えるのが特徴。しかし、父同様に距離に関しては、融通性は低く短距離なら芝でもダートでもといった感じ。

3年前の2着馬となるが、このレースに関しては、隠れ種牡馬としてフジキセキ系統の馬の好走も無視できない。過去にキンシャサノキセキ自身が勝っていることもあるしビーナスラインなども好走している。

ダートで結果が出たのでダートを使っていたが、まだ芝でもやれる馬。ダートで環境を変えて芝に戻してくる今回は気をつけた方が良い。過去好走暦がある馬は復活するケースもあるのでね。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

 


中央競馬ランキング

 

[今週の記事一覧]

 

★マーメイドステークス レース結果/回顧★

www.sakuramori18.com

 

★エプソムカップ レース結果/回顧★

www.sakuramori18.com

 

★ユニコーンS 有力馬診断 血統傾向★

www.sakuramori18.com

 

 

<FIN>