ナノミリ進化論®️

30代後半のおじさんです。競馬暦は今年で20年目。予想ファクターに関しては、レースレベルの比較と血統を考慮して馬の選択をしています。基本穴党。馬券は基本的に三連複とワイドが主体!!競馬の記事が大半ですが、時々脳科学や心理学などの真面目の話も稀にします。

【エプソムカップ 注目馬】血統の条件をクリアする唯一の馬。そして、腐ってもGⅠ馬の本領発揮なるか?

梅雨が近づいているようで傘マークが続いていますね。今年は、梅雨入りが遅く長い梅雨になりそうだと気象庁が言っていたが当たるか否か…。今の時期の梅雨入りは早いのか遅いのかイマイチわからない桜守です。

 

本日も閲覧いただきありがとうございます。最後までお付き合いいただければと思います。

 

エプソムカップについては、有力馬診断をしましたので注目馬について記事を書いていこうと思います。

 

★エプソムカップ 有力馬診断 血統傾向★ 

www.sakuramori18.com

 

◆ エプソムカップ 注目馬 ◆

 

■ エプソムカップ 「妥当?無謀?それでも俺の注目馬」… ■

f:id:sakuramamoru2019:20190527145756p:plain



■ サラキア ■

父:ディープインパクト 母:サロミナ 母父:ロミタス

 

血統傾向で触れたがディープインパクト産駒とダンチヒの血統を内包している馬が好走する傾向があり、その二つの条件を満たしているのがサラキア。

近走のレース結果は冴えないが、秋華賞ではアーモンドアイと0.5秒差、年明け京都金杯でもパスクアメリカーナと0.4秒差、前走の阪神牝馬Sではミッキーチャームと0.3秒差と決して大負けしている訳ではない。

京都金杯のメンバーは、そこそこ揃っていた印象で0.4秒差7着なら好走の部類と見ていい。阪神牝馬Sは、前有利の中で余程の決め手があっても届かないレースとなった。中団で運んだが決め手に限界があるサラキアだけに決め手上位の馬に抜かれて着順を落としたがこれも実力による負けという感じには映らなかった。阪神牝馬はもう一度やればまた大きく着順が変わるようなレースだっただけにあまり着順を真に受けない方がよさそうだ。

 

■ ソウルスターリング ■

父:フランケル 母:スタセリア 母父:モンズーン

 

桜花賞3着の実績があり、オークス勝ち馬のソウルスターリング。

オークス後は、思うような結果が出ていないが、前走のヴィクトリアマイルでは、厩舎側もやっと復調してきましたという発言がありパドックでも馬のデキは良いように見えた。結果、先行して9着という結果だったが休み明けでレコード決着と内容を考えるとだいぶ頑張った方だなと思った。やはり、GⅠ馬だけに復調すればこのメンバーならと思う。腐ってもGⅠ馬!これが一番怖い。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

 


中央競馬ランキング

 

[今週の記事一覧]

 

★安田記念 レース結果/回顧★

www.sakuramori18.com

 

★マーメイドステークス 有力馬診断/血統診断★

www.sakuramori18.com

 

 

<FIN>