ナノミリ進化論®️

30代後半のおじさんです。競馬暦は今年で20年目。予想ファクターに関しては、レースレベルの比較と血統を考慮して馬の選択をしています。基本穴党。馬券は基本的に三連複とワイドが主体!!競馬の記事が大半ですが、時々脳科学や心理学などの真面目の話も稀にします。

【京王杯スプリングカップ 予想】ガツンと穴から入ります!ここでこそ好走してほしいあの馬。

GWが明けてから園児が亡くなってしまった交通事故や米中の貿易戦争。日向灘震源の地震など令和も開始から忙しない日々となっていますね。元号が変わるからといって世界が変わる訳ではありませんからね。

 

元号が変わって競馬の予想も変わるかと思いましたが、やはりその程度では変わりませんでした…。

 

だが、今週は一発狙っていきますよ!!

 

本日も閲覧いただきありがとうございます。最後までお付き合いいただければと思います。

 

明日は、これをステップに安田記念に向かう馬もいる京王杯スプリングカップが行われます。このレースに関しては、過去10年で1番人気が[1-0-0-9]と本命党には悲惨なレースとなります。二桁人気でも平気で来るのですが、単勝オッズ70倍以上になると[0-0-0-35]という成績になる謎多きレースでもあります。

まぁ、普通に考えても単勝70倍以上が連対する確率は極めて低い訳ですからすべて着外でも不思議ではありません。そもそも1番人気の成績から見て信頼を置ける馬が出走してこないレースであり押し出される形での人気であり人気割れをすると単勝オッズも100倍などの馬も少なくなるので70倍というオッズ自体本当に可能性が薄い馬だと思えば納得の傾向だと思います。

 

京王杯の関連記事については、下記を見ていただければと思います。

 

★「主役の座は譲らない」有力馬診断★

www.sakuramori18.com

 

★「妥当?無謀?それでも俺の注目馬」★

www.sakuramori18.com

 

 

京王杯スプリングカップ 枠/予想

 

■ 京王杯スプリングカップ 枠順… ■

1枠1番  リアイラブルエース  牡6  坂井   矢作

1枠2番  ドーヴァー      牡6  三浦   伊藤圭

2枠3番  サトノアレス     牡5  柴山   藤沢

2枠4番  トゥザクラウン    牡5  福永   池江

3枠5番  ストーミーシー    牡6  大野   斎藤誠

3枠6番  ロジクライ      牡6  戸崎   須貝

4枠7番  リナーテ       牝5  武豊   須貝

4枠8番  キャナルストリート  牝5  石橋脩  大竹

5枠9番  タワーオブロンドン  牡4  レーン  藤沢

5枠10番  タイムトリップ    牡5  田中勝  菊川

6枠11番  エントシャイデン   牡4  田辺   矢作

6枠12番  ロードクエスト    牡6  デムーロ 小島

7枠13番  ブロワ        牝6  杉原   大江原

7枠14番  スターオブペルシャ  牡6  蛯名   藤沢

8枠15番  ダイメイフジ     牡5  松岡   森田

8枠16番  スマートオーディン  牡6  池添   池江

 

1枠、2枠、8枠の成績があまりよくないという事を頭に入れておくべき。

 

■ 京王杯スプリングカップ レース予想… ■

 今回のメンバー構成などを考えても…穴度は…

f:id:sakuramamoru2019:20190328121935p:plain

荒れると思います。毎年荒れているからという訳ではなくメンバーもそうですが、上位人気馬の信頼がイマイチな点を考えてこの予測となります。

 

■ ◎⑭スターオブペルシャ ■

藤沢厩舎第3の矢を本命としたい。有力馬診断でも注目馬でも紹介した同馬だが、安田記念に出走しても勝ち負けというのは正直厳しい。1400という距離で競走馬人生の半分を送り重賞制覇するならこの舞台しかない!!

圧倒的な馬は不在であり、阪急杯や阪神Cのような輸送もなく馬自身走り慣れている左回りの1400という舞台設定。鞍上も東京1400をよく知る蛯名。そして、何より差しも決まりやすいレースだけに今回確実に狙い撃つ!!

 

■ ○⑫ロードクエスト ■

最近も相変わらず惜しい競馬が続いているロードクエスト。追い込み一手の馬だけにハマらないと脆いのは2歳の頃から変わらず。もう6歳となりピークは過ぎてしまったような雰囲気だが、近走も脚を使って0.5秒差以内という競馬が続いているので明らかな能力低下とは判断しない。年齢を重ねるとズブくなって距離短縮よりも延長という道を歩む馬が多いですが、ロードの成績を見ると今はマイルよりも1400の方が走りやすいように映る。展開が向きやすいというのもあるのだろうが、マツリダゴッホ産駒は、父とは違い右回りよりも左回り向きが多く距離も長いよりも短いという適正の馬が多い。ロードもダービー卿からの短縮だけに一変あっても良い。鞍上もNHKマイルで復調しただけに期待はできる。

 

■ ▲⑥ロジクライ ■

高松宮記念から唯一の出走馬。ハーツクライ産駒で1200というのは産駒の実績をみていないから数字面でどうかわからないが、下級条件では走れるかもしれないが上級条件で好走しているイメージがない。1400なら好走するイメージがあるので前走よりも確実にプラスの距離となる。高松宮で1200のスピードを経験しての1400だけに走りやすくなるだろう。

 

以下、△②ドーヴァー、③サトノアレス、⑤ストーミーシー、④トゥザクラウン、⑦チナーテ、⑨タワーオブロンドン、⑯スマートオーディン

 

<買い目>

三連複フォーメーション

⑭ー⑫⑥ー⑫⑥②③⑤④⑦⑨⑯ 15点

ワイド

⑭ー⑫⑥②⑤ 4点       計19点

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

 


中央競馬ランキング

 

★今週の記事一覧★

 

www.sakuramori18.com

www.sakuramori18.com

www.sakuramori18.com

www.sakuramori18.com

 

<FIN>