ナノミリ進化論®️

30代後半のおじさんです。競馬暦は今年で20年目。予想ファクターに関しては、レースレベルの比較と血統を考慮して馬の選択をしています。基本穴党。馬券は基本的に三連複とワイドが主体!!競馬の記事が大半ですが、時々脳科学や心理学などの真面目の話も稀にします。

【京都新聞杯 有力馬診断】淀に舞うダービーラストチケット

皆さんゴールデンウィークをどうお過ごしですか?

どこも混んでて家の事を中心に過ごしている桜守です。

 

今週、土曜日に

第67回 京都新聞杯 京都芝2200m

も行われます。

 

ダービーのラストチケットを取りに東京ではプリンシパル、京都では京都新聞杯と熾烈な争いが続いています。

 

過去の勝ち馬などには、ダービーを勝ったアグネスフライトやキズナ、連対したハーツクライやインティライミ、トーセンホマレボシなど名馬といわれる馬もいるが余程能力が抜けている馬でないとダービーに直結しにくいレースでもあります。今年、そのような馬がいればダービーでも買おうと思いますが、パッと見渡した感じどうだろうというイメージしか沸かない。よって今回はあくまでダービー意識というより京都新聞杯での戦いとしてみるべきレースだと思う。

 

京都新聞杯 血統傾向/有力馬診断

 

■京都新聞杯 血統傾向…■

父血統傾向

■ タニノギムレット(ロベルト)

■ ネオユニヴァース(SS)

■ ディープインパクト(SS)×5

■ ダノンシャンティ(SS)

■ ハービンジャー(ダンチヒ)

■ マンハッタンカフェ(SS)

■ ハーツクライ(SS)×2

■ ルーラーシップ(キンカメ)

■ ステイゴールド(SS)×2

 

母父血統傾向

■ トニービン(グレイソヴリン)

■ ディキシーランドバンド(ノーザンダンサー)

■ ザフォニック(ゴーンウエスト)

■ インティカブ(ロベルト)×2

■ クロフネ(ヴァイスリージェント)×2

■ アンユージュアルヒート(ヌレイエフ)

■ アルザオ(リファール)

■ フレンチデピュティ(ヴァイスリージェント)

■ ジェイドハンター(ミスプロ)

■ ホワイトマズル(リファール)

■ キングカメハメハ(キンカメ)

■ バーンスタイン(ストームキャット)

■ ライオンハート(ストームキャット)

 

圧倒的ディープインパクトの庭。

そして、サンデーサイレンスの庭。

 

父血統傾向

ディープインパクト ⇒ 33.3%

サンデーサイレンス系統 ⇒ 80.0%

 

サンデー系統から入らないと馬券は組みたたないという事です。

 

母父血統傾向

これについては、結構バラバラな傾向。

欧州血統、米国血統ともにどちらも偏りというのは見当たらず…。

 

注目すべき点としては、

ヴァイスリージェント系統 ⇒ 20.0%

ロベルト系統 ⇒ 13.3%

ストームキャット系統 ⇒ 13.3%

くらいだろうか。

 

ディープインパクト産駒…

 ⇒ サトノソロモン、フランクリン、ロジャーバローズ

 

ヴァイスリージェント系統産駒…

 ⇒ ヤマカツシシマル

 

サンデーサイレンス系統は、9頭登録している。この9頭の中で決まるのは可能性はかなり高いものだと思います。

 

■「俺が主役だ」有力馬診断…■

f:id:sakuramamoru2019:20190328122751p:plain

現在の予想オッズは、

皐月賞組のブレイキングドーン(皐月賞本命馬)とタガノディアマンテ(皐月賞単穴)と奇しくも何かの縁なのか上位支持されている。

 

■ブレイキングドーン…■

弥生賞3着馬であるが、皐月賞ではまさかの大敗(俺が本命にしたからか?)後方から進み直線で34.9の脚を使っているが先行/中団から進めた馬が上がり1-3位を出しているので食い込めるはずがない。今回距離が伸びる事とメンバーが皐月よりも低調という事で1番人気(2.4倍)と評価されているが、正直2.4倍まで信頼できる馬ではないと思う。距離延長は、馬にとって苦しい事には違いなく延長がプラスに働く馬とも思えない。皐月賞同様に時計が早い馬場なのでここも少しきついのではないかと考えている。

 

■ロジャーバローズ…■

2番人気で挑んだスプリングSでは、人気を裏切る形の7着。先行したがゴール前一気に差し馬が殺到して差された形でのゴール。

父:ディープインパクトだけに血統だけなら今回のレースでの好走は期待できるが、この馬は早い上がりが使えない難点がある。ここ最近のコースの馬場はなんといっても早い上がりが使えないと勝負にならないという事。35.5-35.9の間でしか上がりが使えず前走の敗因もこれだろうと思っています。2番人気だがこの馬に関しても評価は微妙。

 

上位2頭に関しては、今回率先して上位評価としたくない感じです。

 

■今週公開ブログ一覧■

 

www.sakuramori18.com

www.sakuramori18.com

www.sakuramori18.com

www.sakuramori18.com

 


中央競馬ランキング

 

<FIN>