ナノミリ進化論®️

30代後半のおじさんです。競馬暦は今年で20年目。予想ファクターに関しては、レースレベルの比較と血統を考慮して馬の選択をしています。基本穴党。馬券は基本的に三連複とワイドが主体!!競馬の記事が大半ですが、時々脳科学や心理学などの真面目の話も稀にします。

【青葉賞 2019】有力馬診断 日本ダービーの切符を奪取。

どもっ!桜守です!

 

平成最後の「天皇賞(春)」という事でいろんな意味で天皇賞には注目は集まりますが、土曜日には、日本ダービー権利奪取の

 

第26回 テレビ東京杯 青葉賞(GⅡ) 東京芝2400

 

も開催されます。

 

自宅から一番近いのが新潟競馬場(片道200キロ)という事もあり、天皇賞(春)の開催される週は土日新潟で過ごして、GWがスタートするという流れで毎年過ごしていましたが、ここ最近は現地で競馬を見る事もありません。見にはいきたいんですけどね。

 

まぁ、そんな個人的なGWの話はおいておいて過去5年の血統傾向から有力馬診断をしていきたいと思います。

 

青葉賞 血統傾向…

………………………………………………………………………………………………………

 父血統傾向…

  • シンボリクリスエス(ロベルト)
  • ディープインパクト(SS)×9
  • スクリーンヒーロー(ロベルト)
  • ネオユニヴァース(SS)
  • キングカメハメハ(キングカメハメハ)
  • ゼンノロブロイ(SS)×3
  • ハーツクライ(SS)×3
  • バゴ(レッドゴッド)
  • ハービンジャー(ダンチヒ)
  • ニューアプローチ(サドラーズウェルズ)
  • ワークフォース(キングカメハメハ)
  • ステイゴールド(SS)
  • モンテロッソ(ミスプロ)

 

母父血統傾向…

  • マンハッタンカフェ(SS)
  • ピヴォタル(ヌレイエフ)
  • リアルシャダイ(ロベルト)
  • キョウワアリシバ(レイズアネイティヴ)
  • キャンディストライプ(レッドゴッド)
  • ハイエストオナー(グレイソヴリン)×2
  • スツーカ(ミスプロ)
  • キャプテンステーブ(ダマスカス)
  • ステイゴールド(SS)
  • サンデーサイレンス(SS)
  • ガリレオ(サドラーズウェルズ)
  • ダルシャーン(ミルリーフ)
  • ストームキャット(ストームキャット)×2
  • シルヴァーホーク(ロベルト)
  • シンボリクリスエス(ロベルト)
  • エフィシオ(ハイペリオン)
  • ダンスインザダーク(SS)
  • ミスターグリーリー(ミスプロ)
  • クワイエットアメリカン(ミスプロ)
  • カクタスリッジ(ストームキャット)
  • オーサムオブコース(ヴァイスリージェント)
  • シングスピール(サドラーズウェルズ)
  • エルコンドルパサー(キングマンボ)

 

東京2400に関しては、キングカメハメハ産駒も好走するレースだがディープ産駒が圧倒的な結果を残している。

牝馬の質の面も影響しているとは思うが、25頭対象として9頭が5着以内に好走36%の比率になるのでかなり高い。3割バッターという事。

府中の鬼トニービンと言われるくらいグレイソヴリンが強い。グレイソブリンの血を継ぐハーツクライも好走はしているが3頭止まり。それでも好走する血統に違いはない。

 

登録馬でディープインパクト産駒

⇒ウーリリ、サトノラディウス、トーセンカンビーナの3頭。

 

グレイソヴリンの血を内包する

⇒セントウル、バラックパリンカ、ピースワンパラディの3頭。

 

キングカメハメハの系統(ルーラーシップ含む)は、今回多数登録しているので権利を獲るという部分では、どの馬にもある程度のチャンスがあるものと考える。

 

「俺が主役だ」桜守が見る有力馬診断…

………………………………………………………………………………………………………

f:id:sakuramamoru2019:20190328122751p:plain

 

ランフォザローゼス

父:キングカメハメハ(キングカメハメハ)

母父:ディープインパクト(SS)

 

母ラストグルーヴは、名牝エアグルーヴの子であり血統的には超一流の系統。

母系にグレイソヴリンを内包している点も含め青葉賞で走れる血統だと思われる。

現在まで3走しているが、2着以下なしの評価も含め上位人気が予想される。京成杯のメンバーの中にクラシック路線で走り皐月賞まで駒を進めている馬が2頭(ラストドラフト、ナイママ)がいるが共に冴えない結果。

青葉賞の特別登録馬の中では威張れる実績となると思う。間隔があいている点がどう出るかだがグランアレグリアを仕上げた藤沢調教師だけに仕上げに抜かりはないでしょう。

血統的に非常に魅力的には映るが主役まで張れるかは正直微妙。

 

ウーリリ

父:ディープインパクト(SS)

母父:フレンチデピュティ(ヴァイスリージェント)

 

いわずと知れたダービー馬マカヒキの全弟。

新馬快勝後、毎日杯(GⅢ)に駒を進めた。半信半疑だったがレースの結果としては2着と能力の高さを証明しました。プラス16キロもレースを見る限り成長分という感じ。今回初の長距離遠征がどう影響するかは当日までわからないが、増えた分がなくなるくらい馬体が減っていなければ問題ないと判断します。

毎日杯では、多少気の悪さも見せていたのでまだまだ良くなる余地が十分。今回、勝ち負けできればダービーでも好走する可能性も高くなります。

主役を張れるだけの伸びシロと血統背景は持ち合わせていると現状では判断しています。

 

………………………………………………………………………………………………………

 


中央競馬ランキング

 

<FIN>