ナノミリ進化論®️

30代後半の3児の父です。気づけば競馬暦も20年となり競馬の歴史だけは詳しくなりました。心理学や脳科学についても勉強しておりそれについても発信しております。誰かに何かの約に立つブログになるよう日々精進していますのでよろしくお願いします。

【福島牝馬ステークス 回顧 2019】先生は嬉しそうだった。

どもっ!桜守です。

f:id:sakuramamoru2019:20190418140656p:plain

 

はい、いつもの奴...。

 

って一体どういうレースだったんだか...。

 

福島牝馬S レース結果...

.............................................................................................................................................

1着  △デンコウアンジュ   1.48.1 33.8

2着  △フローレスマジック  1.48.5 34.5

3着  ◎ダノングレース    1.48.7 34.4

 

私の予想は以下です...。

 

www.sakuramori18.com

 

 

馬券は...外れ...酷い外し方だね...

 

会見で善臣先生は、2年ぶりという事でニヤけていたよね。

さすがの好騎乗とは言えないけども...。

 

福島牝馬S レース回顧...

.............................................................................................................................................

f:id:sakuramamoru2019:20190328123208p:plain

 

カワキタが行くのかランドネが行くのかと思ったが、ランドネは無理しないようにカワキタを先行させて自身は番手待機。正直、自分のペースで運ぶためにカワキタを潰しても先行して欲しかったと思う。

ペースとしてドスローに落ちて逃げ・先行には流れ的には楽になるはずなのだが、それは、後半で後続が脚を使ってくる前に先に動いてナンボ。このレースで好騎乗だったのはダノングレースの蛯名だ。早めに仕掛けて先行勢を潰していくという手に出たのは勝利欲しさの騎乗と評価したい。実際、直線では一旦先頭にたった訳であり、おそらく蛯名もこの競馬でも勝てるだけの能力はあると信じて乗ったものだと思う。

しかしながらESPが勿体無さ過ぎた感...。

そういえば最近ESPを聞かないけどもう使われていないのかな?

 

ここでEPSの説明をしよう。EPS(蛯名スペシャル)は、蛯名が出遅れると使われていた言葉。誰がつけたかわからないが本当に出遅れ癖が酷くて横山のポツンと同じくらい酷いものだった。これに関しても面白い話があって蛯名は大のスロット好きというのが有名で金曜日にスロットの目押しに狂いがなければESPは発動しないという暴露本が過去には出ていました。

 

勝ったデンコウアンジュに関しては、昨年同様安定の末脚で今回は差しきったという形。直線向いて追ったら突き抜けたというように映っただけで。先生の好騎乗とはとても...。勝ったので好騎乗と言えば好騎乗なんでしょうけど。

 

そして、福島合わない合わないといっていたフローレスマジックですが、関係なく2着...。見る目ねぇ...。とは言え今回の一戦の内容から福島が合うとは思えないのもあります。やはり広いコースでこそだというイメージはまだぬぐえません。

 

ダノングレースは、まだ一線級とやるには力不足と判断するのは難しいが、まだ足りないかなという感じ。あの勝負の競馬で押し切れれば能力開花とは思うが最後垂れてしまいデンコウの脚に一気に飲まれたのを見るともう少し上でやっていくには時間がかかりそうだ。

 

桜守MEMO...

.............................................................................................................................................

【レースレベル】

正直、このレース結果が次走のレースで生きてくるかはわからない。走破時計も遅い上にそれでいて先行馬は崩れていく。評価できるのは、フローレスマジックとダノングレースだけ。

 

レースレベル:3(10段階中)

進んで次走も買いたいとは思えない。

 

【注目馬】

まったく勢いのないランドネ。

この馬は一体なにをしたかったのかわからない。走破時計に問題があるわけでもないし...。考えられるのは2パターン。単純に調子が悪い。もしくはハナに立てないと脆いのどちらか。後者は中山牝馬でもハナに立てず大敗。今回もハナに立てず負けとなるとハナに立てないと脆いという事は考えられる。となると次走から買うにもハナに立てるか立てないかに委ねられる部分が大きい。同型で早いのがいないことと鞍上が変わってという条件の下見てみたい。

.............................................................................................................................................

 


中央競馬ランキング

 

<FIN>