ナノミリ進化論®️

30代後半のおじさんです。競馬暦は今年で20年目。予想ファクターに関しては、レースレベルの比較と血統を考慮して馬の選択をしています。基本穴党。馬券は基本的に三連複とワイドが主体!!競馬の記事が大半ですが、時々脳科学や心理学などの真面目の話も稀にします。

【福島牝馬ステークス 予想 2019】古馬牝馬が福島で激突!頭数が落ち着くという事は...。

どもっ!桜守です。

 

今週は、GⅠがない谷間の週で3重賞の日程が組まれています。まずは、4/20土曜日に古馬牝馬が福島で激突。福島牝馬ステークスが行われます。頭数も落ち着いて明らかに強い馬がいる時に起こるパターンの頭数という感じ。

有力馬診断と注目馬については、下記記事にて触れていますので参考にしてもらえればと思います。

 

★福島牝馬ステークス 桜守が見る有力馬診断★

 

www.sakuramori18.com

 

★3重賞「俺の注目馬」★

 

www.sakuramori18.com

 

福島牝馬ステークス 枠と人気

.............................................................................................................................................

【出馬表】

1枠1番  ビスカリア      牝7 西村 山内

2枠2番  カレンシリエージョ  牝4 秋山 鈴木孝

3枠3番  ランドネ       牝4 戸崎 角居

4枠4番  カワキタエンカ    牝5 鮫島克 浜田

5枠5番  デンコウアンジュ   牝6 柴田善 荒川

6枠6番  フローレスマジック  牝5 石橋 木村

7枠7番  ペルソナリテ     牝6 丹内 相沢

7枠8番  ウインファビラス   牝6 松岡 畠山

8枠9番  ミッシングリンク   牝5 丸山 斉藤誠

8枠10番   ダノングレース    牝4 蛯名 国枝

 

予想の人気順としては、3歳春に重賞で好走しクラシックでも期待されていたフローレスマジックをはじめ、昨年、秋華賞でアーモンドアイと0.6秒差の6着。愛知杯で3着と実績を積んできたランドネ、連勝で挑んでくるダノングレースの3頭が上位を占めるという事になるでしょう。実際に頭数が落ち着いた事を考えると上位との下位の力差がはっきりしているという事。上位3頭に食い込めると信じている厩舎もあれば競馬もそれこそビジネスだけに出走することで3着じゃなくても出走による手当てや着順による微々たる賞金でも欲しいという厩舎もいるだろう。この手のレースになると上位3頭がそのまま実績通りで決まるわけではなく3着によくわからない馬が突っ込むことがよくあります。

 

福島牝馬ステークス 俺の最終決断!!

.............................................................................................................................................

今回の穴度は、

f:id:sakuramamoru2019:20190328123840p:plain

小頭数とメンバーを見る限り穴の確率は低い。


 

本命◎にしたいのは、ダノングレース!!

 

初音ステークスの時計は平均的でかつ前半スロー寄り後半に向けてラップが上がり終いの勝負となった。結果としてダノングレースには向く展開となったが、昇級初戦で終いしっかり脚33.7を使い勝利。メンバーも骨っぽい相手だっただけに評価できるレース内容だった。

今回強い馬が2頭いるが十分戦えるだけの能力があるものと思う。福島牝馬は距離以上のスタミナが必要となるがダノングレースに関しては、距離が伸びても対応ができるディープ産駒だと思うので心配はしていない。

 

対抗〇は、ランドネ。

 

実績は、一番上になる馬だろう。血統背景で言えばフローレスマジックだがレースの内容はランドネが上。父がロベルト系統でパワーとスタミナ面で問題がなく母父のボールドルーラーの系統はスピード維持と言う点で優れている。レースでは、逃げ/先行で粘りとおすというスタイルはこの血統で合っている乗り方だと思う。この頭数で超がつく強力な先行馬も不在なら外さないだろう。

 

単穴▲は、カレンシリエージョ。

この馬に関しては、実績ではまだまだというのが正直なところ。しかしながら半姉アドマイヤリードのように成長力を残していると考えるならここからの快進撃も十分に考えられる。父ハービンジャーはロングスパート向きに加えブログにも書いたが母母父にグレイソヴリンの血を内包しているので沿う簡単にばてない。血統的に合っている舞台だけに期待も高まる。

 

以下は、△フローレスマジック、デンコウアンジュ、カワキタエンカ、ウインファビラスと考える。

フローレスマジックの評価を下げた理由として今回のような馬場は向かないという評価をした。この馬のパフォーマンスはサトノアラジンに似て右回りより左回りで小回りよりも広いコースでこそパフォーマンスを上げるというタイプに映る。距離に関しても距離が伸びて歓迎というタイプでもなく今回は評価を下げたい一頭になる。

 

競馬最強の法則2019年05月号

競馬最強の法則2019年05月号

 

 

 

<買い目>

三連複フォーメーション

⑩-②③-②③④⑤⑥⑧ 計9点

ワイド

⑩-②、⑩-③、③-② 計3点

.............................................................................................................................................

このレースで計12点も買うのはどうかと思うが...。トリガミの可能性も非常に高い。

ただ、一頭有力馬が飛ぶだけで配当が変わるのでそのあたりにかけるが...。多分、上位3頭がそのままの実力で決まるとは思っていない。

特にフローレスマジックに関しては、福島は合っていない。

 


中央競馬ランキング

 

<FIN>