ナノミリ進化論®️

30代後半の3児の父です。気づけば競馬暦も20年となり競馬の歴史だけは詳しくなりました。心理学や脳科学についても勉強しておりそれについても発信しております。誰かに何かの約に立つブログになるよう日々精進していますのでよろしくお願いします。

【マイラーズC】 有力馬診断 安田記念の舞台へ行く!絞られた頭数だからこそ熾烈な争いがある。

どもっ。桜守です。

地元もやっと桜が満開に近い状態となりました。

気持ちが良い天気と共に相変わらず花粉も飛んでいますね...。

 

安田記念の叩きとして使う馬もいればここで賞金を積んで本番に向かおうと思う馬もいるマイラーズCも開催されます。3重賞のラストの有力馬診断を行いたいと思います。

 

他2重賞の有力馬評価は以下のブログを参照して頂ければと思います。

 

★「私がヒロイン」福島牝馬S有力馬診断★

 

www.sakuramori18.com

 

★「私もオークスへ駒を進める」フローラS有力馬診断★

 

www.sakuramori18.com

 

 対象レース 過去5年血統傾向

.............................................................................................................................................

【マイラーズC】

父血統傾向

  • ディープインパクト(SS)×12
  • アグネスタキオン×2
  • ダイワメジャー(SS)×2
  • リダウツチョイス(ダンチヒ)
  • キングカメハメハ(キングカメハメハ)×3
  • ダンスインザダーク(SS)
  • フジキセキ(SS)
  • スニッツェル(ダンチヒ)
  • タニノギムレット(ロベルト)
  • フランケル(サドラーズウェルズ)

 

 

母父血統傾向

  • アカテナンゴ(アルヒミスト)
  • デインヒル(ダンチヒ)×3
  • がルドロワイヤル(ミルリーフ)×2
  • ダンシングブレーヴ(リファール)×3
  • ノーザンテースト(ノーザンテースト)
  • デピュティミニスター(ヴァイスリージェント)×3
  • サンデーサイレンス(SS)×4
  • ディクタット(インリアリティ)
  • カーリアン(ニジンスキー)
  • アンユージュアルヒート(ヌレイエフ)
  • コジーン(グレイソヴリン)
  • アグネスデジタル(ミスプロ)
  • ヘネシー(ストームキャット)
  • ザフォニック(ミスプロ)
  • フレンチデピュティ(ヴァイスリージェント)

 

リピーターが多いレース。レッドアリオンをはじめフィエロ、エキストラエンド、サンライズメジャーなど。

リピーターとして考えると昨年2着のモズアスコットとグァンチャーレの2頭が登録している。どちらかが絡む可能性は高いでしょう。

 

血統で言えば圧倒的にディープディープディープですね。続いてキンカメという並び。

母父では、ヴァイスリージェントの血を注目しておくと良いかもしれません。

 

ディープインパクト産駒

 ⇒ケイアイノーティク、ダノンプレミアム の2頭。メイショウオワラも系統的には入るが...。

 

ヴァイスリージェントの血統

 ⇒コウエイタケル、パクスアメリカーナ の2頭

 

これだけ見ると順当な結果となりそう。

 

「俺が主役だ」桜守の有力馬診断...

.............................................................................................................................................

f:id:sakuramamoru2019:20190328122751p:plain

 

ダノンプレミアム

父:ディープインパクト(SS)

母父:インティカブ(ロベルト)

 

唯一の負けは、東京優駿のみ...。ダービーは明らかに距離の問題。前走の金鯱賞を見ても2000までは相当強い馬。前走組の中から大阪杯勝ち馬が出ているようにレベルは低くない中での勝利。正直、ここじゃなくて大阪杯でも十分勝負になったのではないかと思う。しかし、この馬がポテンシャルを発揮できる舞台は1600が一番だろう。

ここは、正直、敵はいないと思う。例年、1.31.0-1.32.0の間で勝負が決するマイラーズCであり現在、ダノンプレミアムの持ち時計は2歳時にマークした1.33.0がベストタイムだが余裕でこのタイムは詰めてくるでしょう。

ここは、実績と能力で主役は揺るがない。

 

モズアスコット

父:フランケル(サドラーズウェルズ)

母父:へネシー(ストームキャット)

 

昨年の安田記念の勝ち馬。秋のマイルCでは、展開不向きもあり大敗したが自身も33.9の脚であがっている上に0.5秒差であれば負けというほどの負けではない。

香港マイルでも力は発揮できずここ2戦は不完全燃焼という形でレースを終えているが、きっちり休ませて迎えるマイラーズC。ここで成績が残せないようだとピークを超えたのかと思ってしまうが、リピートしやすいレースだけにこちらも連対してくる可能性が高い。ただし、今回はダノンプレミアムという馬がいるだけに主役は張れない。

 


中央競馬ランキング

 

<FIN>