ナノミリ進化論®️

30代後半のおじさんです。競馬暦は今年で20年目。予想ファクターに関しては、レースレベルの比較と血統を考慮して馬の選択をしています。基本穴党。馬券は基本的に三連複とワイドが主体!!競馬の記事が大半ですが、時々脳科学や心理学などの真面目の話も稀にします。

【桜花賞 回顧 2019】アレグリア33.3の脚で桜花賞勝ったってよ。阪神重賞は土日ともに33秒台前半32秒台後半の末脚対決…。そして、桜守はまた予想外したってよ。

どーも。桜守です。

 

先週今週ともにこんな感じです。俺は逆神か何かですか?

 

クラシック第一弾は、関東馬の彼女が見事圧勝という形で桜の称号をゲットしました。

桜花賞レコードのおまけつき…。強かったですね。

 

f:id:sakuramamoru2019:20190328123208p:plain 

桜花賞 結果…

………………………………………………………………………………………………………

桜花賞(GⅠ) 阪神1600m

1着 △グランアレグリア    1.32.7  33.3

2着 ▲シゲルピンクダイヤ   1.33.1  32.7

3着 △クロノジェネシス    1.33.1  32.9

 

4着 ◎ダノンファンタジー   1.33.1  33.4

 

予想の内容は下記のブログに記載してあります。

 

★桜守 俺の最終決断は★ 

www.sakuramori18.com

 

 

予想の結果は、ダノンファンタジーがゴール前交わされて不的中。残ってくれれば3連複とワイドは獲れたんですが…言い訳がましい!外れは外れ…。

 

 桜花賞 レース回顧…

………………………………………………………………………………………………………

このレースも土曜日に行われた阪神牝馬Sと同じように入りは緩くしまいが試されるようなレース展開。上がり32秒台を使ったのが2着シゲルピンクダイヤ、3着クロノジェネシス、7着エールヴォアの3頭。3歳牝馬でもGⅠ級となるとこの上がりを使えるのは脅威。阪神牝馬のメンバーのように全馬33秒台のような事はなく(そこらへんは3歳馬)早い上がりが使えなかった馬は脱落していくサバイバルゲームのようなレース。

まさに強い馬が結果を残し足りない馬は脱落する。シンプルな力勝負。

 

果敢にプールヴィルが出るとは思いませんでした。良いペースで運びましたが最終コーナーで簡単にグランアレグリアに並ばれて直線ではそのまま一気に突き放されました。

あの状態だともっと早く垂れるかなと思いましたが予想以上に粘ってくれていました。

グランアレグリアに関しては、休み明けでも関係なく折り合いを欠くこともなく内でロスなく運びごちゃつく前に先頭に踊り出て押し切る。そして、勝ちタイムは桜花賞レコードとこれぞ横綱相撲というレース運び。

 

本命◎にしたダノンファンタジーもロスも不利もなく直線真ん中から伸びようとしましたが、グランアレグリアに離される一方。そして、内からシゲルピンクダイヤ外からクロノジェネシスが伸びゴールギリギリで捕まり4着…。上がり勝負のレースでのパフォーマンスでは今回のレースが限界か。今後も上がり勝負になりそうなレースではちょっと評価を落とさないといけないかもしれません。

 

シゲルピンクダイヤについては、予想の段階でも書きましたが秘めたる能力はかなりかもしれないと▲評価としましたが今回のレース内容を見ると4戦目で見せるパフォーマンスとは言えない走りでした。脚があるのはチューリップ賞でわかっていますが今回は馬群を縫って32.7とレース1番の上がりタイムで2着に突っ込んできました。

4戦目では、他馬に怯んだりして馬群で伸びあぐねるなどのケースはありえそうですが、このメンバーでも物怖じせずに突っ込み脚を使う。ポテンシャルは、かなりのものと思います。

 

 

桜花賞 桜守MEMO…

………………………………………………………………………………………………………

【レースレベル】

阪神牝馬と同じようなレースの流れとなったが、今回のレースでは上位入線と下位入線で差がでているレース内容。上がり勝負で向かない馬には厳しいという見方もできるが上位入線の馬は、レースの経験およびこのレースでの対応力と次走も余程別路線で強烈な馬が出ない限り位置取りの差などで上位の着順が変わるという流れになりそう。

 

レースレベル:10(10段階評価) 

上位入線馬1着-7着までの馬は引き続きオークス以外に出走しても狙い目。

 

【桜花賞レース注目馬】

シゲルに待望の大物の予感!!シゲルピンクダイヤ!4戦目で迎えた桜花賞。桜花賞に出走するために全力で仕上げただろうチューリップ賞の反動はどこ吹く風か。

後方から馬群を縫って2着の鬼脚。馬群を捌いた和田も凄いしそれに答えた同馬もまた凄い。血統的にオークスには向かないであろうダイワメジャー産駒ですが、この時期のクラシックディスタンスは、マイル寄りの能力を試されるというより桜花賞と同じようにラストまでダラダラ走りヨーイドンの瞬発力勝負になるケースが多いので桜花賞の評価をそのままオークスに適用でよいと思う。

………………………………………………………………………………………………………

 

先週今週と役に立たない予想となってしまいましたが…それでも

↓この記事が役にたったと思ったらポチっとお願いします。

※怪しいサイトなどに行くわけではなくランキングサイトに繋がるだけです。 今すぐでなくても予想の結果を見てからでもよかったなと思えたら、押してもらえれば嬉しいです。決してランキングがあがるからといって金銭などが私に発生するものではありません。


中央競馬ランキング

 

<FIN>