ナノミリ進化論®️

30代後半の3児の父です。気づけば競馬暦も20年となり競馬の歴史だけは詳しくなりました。心理学や脳科学についても勉強しておりそれについても発信しております。誰かに何かの約に立つブログになるよう日々精進していますのでよろしくお願いします。

【ニュージーランドトロフィー 2019】 有力馬診断 NHKマイル前哨戦をどう戦う。

どーも。桜守です。

 

今週は、桜花賞の他にNHKマイルの前哨戦であるニュージーランドトロフィーとヴィクトリアマイルの前哨戦の阪神牝馬Sの重賞もあります。

 

今回は、ニュージーランドについての有力馬評価コメントを記事にしていきたいと思います。

 

f:id:sakuramamoru2019:20190328122751p:plain

 

ニュージーランドトロフィー 血統DATA分析…

………………………………………………………………………………………………………

先週(3/30-3/31)1600mが行われたレースは3鞍。ダービー卿も含まれます。

 

該当父種牡馬

  • ファストネットロック(ダンチヒ)
  • ディープインパクト(SS)×2
  • ハーツクライ(SS)
  • ロードカナロア(キングカメハメハ)
  • キンシャサノキセキ(SS)
  • エイシンフラッシュ(キングカメハメハ)
  • マンハッタンカフェ(SS)
  • マツリダゴッホ(SS)

 

該当母父種牡馬

  • ライオンハート(ストームキャット)
  • ファストネットロック(ダンチヒ)
  • フォーティナイナー(ミスプロ)
  • オリエンテイト(レッドゴッド)
  • サンデーサイレンス(SS)
  • フレンチデピュティ(ヴァイスリージェント)×2
  • デインヒルダンサー(ダンチヒ)
  • ショウナンカンプ(プリンスリーギフト)

 

これだけ並べてみるとディープインパクトとフレンチデピュティ、ダンチヒ系統の馬達が好走しているという結果が出ています。

春先だとダンチヒの系統はよく走りますね。

 

今回登録場で上記の系統を内包しているのは…。

  • アンクルテイオウ
  • ミッキーブラック 
  • ヴィッテルスバッハ

の3頭が血統背景的には一番該当しそうな馬になる。

特にアンクルテイオウに関してはばっちりな血統背景!!次にミッキーブラック!!

 

有力馬評価コメント…

………………………………………………………………………………………………………

 この登録メンバーだと

  • 東スポ2着 アガラス
  • ホープフル4着 コスモカレンドゥラ
  • 京都2歳4着 ミッキーブラック
  • 阪神JF出走 メイショウショウブ

の4頭が上位人気になると思います。

 

この中で1番評価する馬としては…

 

アガラス

父:ブラックタイド

母父:ブラックホーク

 

過去の記事毎日杯の有力馬評価コメントでも言ったとおり(内容に興味がある方は下記ブログを確認してください)

 

www.sakuramori18.com

 

きさらぎ賞組のレースレベルが高いものと思っています。

1着馬から1.2秒差の7着に敗れていますが、休み明け+12kgが響いての負けだと予測できます。今回は、2走目で絞れてくるでしょうしこのメンバー構成なら大威張りの実績だと思います。

兄弟ながら輩出する産駒が違うディープインパクトとブラックタイドですが、マイルであればパフォーマンスを落とす事はなく逆に1800よりもあがる可能性があります。1番は以外と1400とかなんですけど。

 

戦ってきたメンバーなどを考えてもここで連対は外さないと思います。

 

メイショウショウブ

父:ダイワメジャー

母父:キングカメハメハ

 

近2走の阪神JFとチューリップ賞では結果が残せていないが、目を見張るのはデイリー杯2歳の2着の成績。後の朝日杯勝ち馬アドマイヤマーズと0.1秒差のレースだった。それも両馬とも逃げ、先行の構えで一騎打ち。

近2走の敗因で考えられる事として阪神JFを迎えるまでに休むことなく4戦も使っていた点。前走は休み明け。とまだ実力による敗因と決め付けなくても良い状況。

今回のニュージーランドトロフィーで負けるといい加減言い訳も言えないが今回までは追いかける価値はあると見ています。

………………………………………………………………………………………………………

上位人気馬が連対するが10番人気以下の馬も連対するレースだけに有力馬と穴を混ぜた馬券の検討をするのがベストだと思います。

 


中央競馬ランキング

 

<FIN>