ナノミリ進化論®️

30代後半のおじさんです。競馬暦は今年で20年目。予想ファクターに関しては、レースレベルの比較と血統を考慮して馬の選択をしています。基本穴党。馬券は基本的に三連複とワイドが主体!!競馬の記事が大半ですが、時々脳科学や心理学などの真面目の話も稀にします。

【ダービー卿CT 2019】有力馬診断 低調なメンバー構成…

どーも。桜守です。

 

日曜日に大阪杯がありますが、土曜日に中山でダービー卿チャレンジトロフィーが行われます。

 

メンバーを見てもかなり小粒感がありとても高レベルな戦いという事にはなりそうもありません…。

 

f:id:sakuramamoru2019:20190328122751p:plain

 

ダービー卿 有力馬評価コメント…

………………………………………………………………………………………………………

 

ギベオン

父:ディープインパクト(SS)

母父:ゴーストザッパー(ヴァイスリージェント)

 

NHKマイルC2着であり中日新聞杯勝ち馬。

 

NHKマイルの4着馬であるミスターメロディが先週の高松宮記念を制したのでレースレベルは高いように映りますが、正直抜けてレベルが高いとは思えません。

 

ミスターメロディに関しては、前が潰れる中で最後まで粘り4着という結果が後々に繋がっているので評価をしたので、先行したギベオンも同じだけの評価をすべきなのだろうけど、ミスターメロディは距離が長い中で粘ったことを評価していた。

それに比べてギベオンはマイルに関しては、苦手な距離ではないので結果についてそのまま評価というのが難しい。

その後、中日新聞杯で勝っているがメンバー構成が微妙なためこの評価も難しい。

そして、一番評価が難しいのが金鯱賞…。大阪杯に出走するメンバーが多数出ており、ここの6着という評価をどうみるかだ。

大阪杯に駒を進める馬が多いのでレベル的には決して低いとは思えないが、上位の馬達は先の大阪杯の目標のために叩いているのに対して、ギベオンは一線級とやって現状どのくらいできるかという現在の立ち位置を見るようなレースなだけに5着と6着の差は大きいケースも考えられます。

そして、斤量の問題もある。ハンデ戦で57.5キロを背負わされる。ただし、馬格があるので斤量が響いて走るに影響をきたすという事はないと思うが、ハンデ戦で他の馬の斤量が軽い分それは確実に響く。本当に57.5の評価に値する馬であれば適正なハンデだが今回はそうは見えない。コースも小回りよりも広いコース向きだと思うので今回は、本当に分は悪いと思う。本命にはできないというが今回の評価。

 

プリモシーン

 

父:ディープインパクト(SS)

母父:ファストネットロック(ダンチヒ)

 

こちらもギベオンと同じくNHKマイルC出走して5着の成績を残している。NHKは前にとって厳しい流れだったので末脚が武器のプリモシーンにとっては流れが向いての5着。と言ってもギベオンと0.2秒差(勝ち馬とも0.2秒差)なら牝馬である事も加味して評価は出来る。

そして、中山マイルのフェアリーSを勝っているのでコースに関して不安はない。

夏に初古馬との対戦(関屋記念)で勝利を収めている。

マイルという距離が得意なのは明確であり、前走のターコイズの負けは、ハンデと秋華賞の疲れが残っていたものと判断している。

 

調教も3頭併せの真ん中と馬に気合いを乗せる良い調教だった。

 

ただし、ではこの馬が主役かというとそれもイエスとは言えない。

実績のある2頭を有力馬としてピックアップしているが、2頭ともこける可能性は高い。どちらが連対する可能性が高いかと問われればプリモシーンの方が実績などを考えると有利かなという程度。

 

本当に今回のダービー卿のメンバーはどれも同じくらいの能力に映りますし、きっとオッズも割れてくると思います。馬体重の発表などで上位人気が変動するようなシビアな戦いになりそうです。それに加えてハンデですし、荒れるとしか思えません。

 

今回は、有力馬の内容は微妙なものとなりましたが、荒れるときはこのくらい評価しづらい馬が人気のケースだけに大荒れの可能性も高いです。

 


中央競馬ランキング

<FIN>