ナノミリ進化論®️

30代後半のおじさんです。競馬暦は今年で20年目。予想ファクターに関しては、レースレベルの比較と血統を考慮して馬の選択をしています。基本穴党。馬券は基本的に三連複とワイドが主体!!競馬の記事が大半ですが、時々脳科学や心理学などの真面目の話も稀にします。

【大阪杯 2019】注目馬 群雄割拠のGⅠ 俺の注目馬はこれだ!!

どーも。桜守です。

皆さん花粉症でやられていませんか?

騎手も花粉症で騎乗に影響を及ぼす時期です。特に田中勝は、花粉症で有名ですよね。

買う時には、そこも考慮したいところです。

 

引き続き大阪杯(GⅠ)についてです。

 

f:id:sakuramamoru2019:20190329155412p:plain

 

前回記事

★有力馬評価★

www.sakuramori18.com

 

今回は、大阪杯で注目している馬をピックアップしていこうと思います。

 

 

大阪杯 注目馬…

………………………………………………………………………………………………………

 

エポカドーロ 牡4

 

父:オルフェーブル(SS)

母父:フォーティナイナー(ミスプロ)

 

いわずとしれた皐月賞馬であり日本ダービー2着馬です。

近3走が人気よりも走れていないので今回は評価を落とすでしょうが、侮れない存在になると思います。

 

藤原調教師も「時計がかかる馬場で力を発揮する馬」と評価している馬でやや重の皐月賞などの勝利が評価に繋がるレースとなっていますが、

ダービー後のレース内容として神戸新聞杯は、前々でレースを運ぶ事ができず後ろからの競馬での4着。

菊花賞に関しては、一回叩いた事で先行力が戻り先行をしたものの、前に厳しい流れとなった上に適正距離とは到底思えない3000mでの負け。悲観する内容には見えません。

そして、藤原調教師が”時計がかかる~”の決め手となったのは、前走の中山記念の結果から言われているものと思います。得意としている中距離レースで皐月賞馬としては格好をつけたいところでしたが、まさかの5着…。

先行して上がりも34.2とまとめているとは思いますが、中山大得意なウインブライトが先行から33.7で上がっての勝利ではさすがに他の馬にも出番はありません。それくらい完璧な勝利です。

 

ファクターとしてタイムやラップを中心で考えている人ならこの結果を違う形で見るのでしょうが、私の考えとしては、単純に休み明けでボケる馬というイメージです。

 

日本ダービーまでは、新馬(休み明けとした場合)3着以外はGⅠ1勝2着1回、GⅡ2着1回と安定して走っている事。秋初戦の神戸は先行できなく4着で叩いた菊では先行力は戻ったが距離が長すぎての負け。

と休み明けが弱い馬と仮説を立てた場合、中山記念も負けて仕方ないのかなという考えです。しかし、今までの休み明けと違うのは先行してしっかり脚を使っているという事で今回の2戦目は体調はピークにもってこれると踏んでいます。

先行勢は少ないので今回はスムーズに先行できると思いますし、消耗戦が得意ならば先手をとって後方勢に脚を使わせながら進む戦法も使えると思います。

 

藤原調教師は、先週のミスターメロディの勝利でGⅠ10勝目と区切りの勝利となりましたが、厩舎が勢いに乗るとアッと言う間に11勝目というのはあることなので、高松宮の勢いに乗って獲れる可能性は高いと思います。

 

2頭くらい注目馬としてピックアップしたかったですが、このメンバー構成は、上位と下位の力差があるように映り1頭だけのピックアップとします。

 

有力馬の評価に記載している馬と今回のエポカドーロ、後はステイフーリッシュの戦いになるのではないかと現段階では思っています。

 

↓参考なったと思いましたらお願いします。素直に喜びます。


中央競馬ランキング

 

 

<FIN>