ナノミリ進化論®️

30代後半の3児の父です。気づけば競馬暦も20年となり競馬の歴史だけは詳しくなりました。心理学や脳科学についても勉強しておりそれについても発信しております。誰かに何かの約に立つブログになるよう日々精進していますのでよろしくお願いします。

【高松宮記念 2019】春のスプリント決定戦 高松宮記念 出馬表が発表されました!

どーも、桜守です。

 

高松宮記念の出馬表が出ましたね。モズなどの枠は気になるところ。

確認しながら見解をしていきます。

 

f:id:sakuramamoru2019:20190328124459p:plain

 

★有力馬評価コメント★

 

www.sakuramori18.com

 

★注目馬★

 

www.sakuramori18.com

 

高松宮記念(GⅠ)芝1200m 出馬表 短評…

………………………………………………………………………………………………………

 

1枠1番  スノードラゴン 牡11 藤田

    →GⅠ馬だが年齢的に厳しい。追い込み脚質でこの枠はロスはないが厳しい。

1枠2番  ラインスピリッツ 牡8 森

    →右回りでこそ。枠的に先行しやすいが先行に参加するだけ。

2枠3番  ミスターメロディ 牡4 福永

    →先行する同馬にとって良い馬番。不安材料は、福永が詰まる事くらい。

2枠4番  セイウンコウセイ 牡6 幸

    →ピークは過ぎた感は否めない。鞍上が戻りどうか。

3枠5番  ティーハーフ 牡9 国分優

    →展開待ちしかない。自ら動けないのはやはり厳しい。

3枠6番  アレスバローズ 牡7 川田

    →年齢の割にレースを使っていないのは良いが格負け感。

4枠7番  ショウナンアンセム 牡6 藤岡康

    →1400のイメージが強く。1200の一線級とは…。

4枠8番  レッツゴードンキ 牝7 岩田

    →枠的にどこでも良く周りを見ながら進めるこの枠は良い。

5枠9番  ナックビーナス 牝6 大野

    →内に先行勢が少ないのでこの枠は良い。スムーズに先行できる。

5枠10番 ラブカンプー 牝4 酒井

    →急激な出来落ちと初左回りはどうか。斤量泣きする馬の可能性大。

6枠11番 ヒルノデイバロー 牡8 横山典

    →実力が足らない。

6枠12番 ロジクライ 牡6 ルメール

    →適正の距離ではないと思う。タフな流れでどうか。

7枠13番 ダノンスマッシュ 牡4 北村友

    →鞍上の作戦とおりに動ける枠。不利少なく進める。

7枠14番 ペイシャフェリシタ 牝6 松田

    →この馬だけは読めない。善戦して届かないイメージ。

7枠15番 モズスーパーフレア 牝4 武豊

    →モズにとってこの枠はプラスとはいえない。逃げるなら脚使う事必須になる。武はこの枠だけに番手でレースを進めるか?

8枠16番 デアレガーロ 牝5 池添

    →重賞勝ち馬だが、距離がどうか。ただ、鞍上がGⅠで一発狙いがたつ騎手だけに無視が出来ない馬。

8枠17番 ダイメイフジ 牝5 丸山

    →オーシャン3着馬だが、中山のような小回り直線短いコースで実力発揮か。

8枠18番 ダイメイプリンセス 牝6 デムーロ

    →出たなりで進める。周りを行かせて内で貯めて直線待ち。馬体回復必須。

 

モズの枠を揉まれずに進んでいける枠と捉えるか。逃げる場合に脚を使わされる枠と捉えるか。

 

注目馬としてあげたミスターメロディは、非常に良い枠に入った。しかし、鞍上が本当に詰まるの大好きな騎手だけに外からモズやナックビーナスなどが内に進路をとってきた場合に包まれる可能性があり、そこからは鞍上がどう捌けるかという部分でマイナスはある。

モズが行って少しばらけながら番手にナック、ミスター、ライン、セイウンが続くような流れならミスターとナックには良い流れになる。

しかし、モズがなかなかうまく形を作れないと先行勢には厳しい流れになる。武だけに無理やり逃げるという事にこだわらないとは思うので、無理なら番手を選択するだろうがそうなるとまたレースの流れが難しくなる。

 

  1. モズが早めに先頭に立つのか?
  2. モズが先頭に立つ前に後ろから何かが押し上げてきて先頭を奪取するのか?

 

2の場合、一気にラップが加速するので先行勢はタフでない限り生き残り合戦になりダノンが一気に突き抜ける可能性も大きい。

 

まだまだ可能性がいろいろあるのでじっくり検討したいと思います。

↓よろしければポチッとお願い致します。


中央競馬ランキング

 

<FIN>