ナノミリ進化論®️

30代後半のおじさんです。競馬暦は今年で20年目。予想ファクターに関しては、レースレベルの比較と血統を考慮して馬の選択をしています。基本穴党。馬券は基本的に三連複とワイドが主体!!競馬の記事が大半ですが、時々脳科学や心理学などの真面目の話も稀にします。

【高松宮記念 2019】 注目馬 俺の注目馬はコレだ!

どーも、桜守です。

本日は、雨模様ですね。

 

春の短距離フェスティバル高松宮記念の記事を本日も書きます。

f:id:sakuramamoru2019:20190328122025p:plain

前回は、有力馬についての評価をさせて頂きました。

興味のある方は下記をご覧ください。

 

www.sakuramori18.com

 

物凄く当たり障りのない内容になってしまいました。

これからもっと思い切った評価をしていこうと思います。

 

今回は、自身の注目馬を書いていこうと思います。

 

 

自身注目馬…

………………………………………………………………………………………………………

 

【ナックビーナス】

父:ダイワメジャー(SS)

母父:モアザンレディ(ヘイロー)

 

昨年の高松宮記念3着馬。昨年は、低評価を覆しての結果だったがフロックではなくその後のレースも安定して走っている。ダート戦だったJBCスプリントは条件合わずのため気にすることもないしスプリンターズSに関しても7着といえど1着と0.4秒差なら悲観する内容にはならない。昨年の高松宮までのローテではカーバンクル→シルクロード→オーシャンとだいぶ使い込んで本番だったが今年は、カーバンクル→オーシャンからの本番だけに疲れは残さずに挑めるのは良い傾向。

距離実績なども考えると多少タフな流れで先行しても粘れるスタミナを要しているので前がごちゃついても最後まで残れる可能性が高いと踏む。

武が戦法は変えないと宣言しているモズだけに逃げ先行の手に出ると前は結構きつくなると予想されるがその中でしぶとさを生かせるのが同馬だろう。

 

【ミスターメロディ】

父:スキャットダディ(ストームキャット)

母父:デピュティミニスター(ヴァイスリージェント)

 

前走の阪急杯で着順的には大きく負けている印象だが先行が総崩れ(レッツゴードンキは除く)の中でダイアナヘイローと並び粘りかつ2018年スプリンターズS3着のラインスピリッツには先着したという事を考えると能力は高いと感じる。

血統的にダートで実力発揮という背景はあるが芝での現状の走りなら高松宮のメンバーなら一発は十分だと思う。

この馬もナックビーナス同様に粘りが身上の馬だけに先行勢が崩れても粘り最後チョイ差しが決められる馬

前走負けた事での上位人気にならないだろうし実力に関しては、十分やれる下地はあるので今回の惑星としてみています。

 

【ダイメイプリンセス】

父:キングヘイロー(リファール)

母父:ダンスインザダーク(SS)

 

前走は明らかに馬体重の減少が敗因。

本番は馬体が戻る事が絶対条件となるがファインニードル不在に加えて差し脚だとティーハーフとフミノムーン二頭が代表格レベルだが年齢的にもう厳しいスプリンターズで見せた末脚が再現できれば頭はなくとも馬券圏内に突っ込めるだけの能力はあると思います。

母父のダンスは本馬は長距離で走る馬だったが産駒は、短距離で活躍する馬を出している状況というのも不思議なものだ。

一雨降ってタフな馬場になればなるほどダイメイプリンセスには有利な状況になるだろうと踏んでいます。

 

今回のレースの流れに関しては、モズを始めラブカンプーやラインスピリッツ、ナックビーナスなど前目につける馬が多く前が早くなりそうな感じもするが…。

こんなときに限って前が流れないで前がそのままというケースが多いんだよねぇ。

 

<FIN>